コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンビシャス ambitious

翻訳|ambitious

デジタル大辞泉の解説

アンビシャス(ambitious)

[形動]野心のあるさま。大志を抱いているさま。
「正男は子供に似合わず―な気持ちを少しも現わしませんでした」〈志賀・ある男、その姉の死〉
(Ambitious)札幌証券取引所が平成12年(2000)に開設した新興企業向けの株式市場。今後の成長が期待される企業を対象とする。札証アンビシャス。→新興市場

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

株式公開用語辞典の解説

アンビシャス

アンビシャス(あんびしゃす)は、平成12年4月に、これからの成長性が期待できる新興企業等に新たな資金調達をすることを目的として、札幌証券取引所に創設された株式市場のことを意味します。申請受付にあたり主に2期の監査証明と上場時期に時価総額が3億円以上という基準が求められております。他の株式市場よりも上場基準が低い事から市場としても積極的な営業活動をおこなっています。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

アンビシャス

正式社名「株式会社アンビシャス」。英文社名「AMBITIOUS Co., Ltd.」。不動産業。平成16年(2004)設立。本社は東京都新宿区西新宿。不動産販売会社。首都圏郊外で分譲マンション「アンビシャス」シリーズを展開。環境創造・安全設計・快適設計を標榜。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

大辞林 第三版の解説

アンビシャス【ambitious】

( 形動 )
大志をいだいているさま。大きな仕事を成し遂げようとする意欲にもえているさま。野心的。意欲的。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アンビシャスの関連キーワード日本産業ホールディングズオストジャパングループ健康コーポレーション光ハイツ・ヴェラス日本テクノ・ラボクラウドゲートインネクスト新興株式市場ゲームポットアキナジスタナノテックスエコミック井上 敬三インサイト証券市場晶SUN増田俊樹佐藤義則マザーズ相馬黒光

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンビシャスの関連情報