アーランガー(英語表記)Erlanger, Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーランガー
Erlanger, Joseph

[生]1874.1.5. サンフランシスコ
[没]1965.12.5. セントルイス
アメリカの生理学者。エルランジャーとも呼ばれる。 1906年,ウィスコンシン大学の初代生理学教授となり,そこで後年の共同研究者 S.ガッサーと出会った。 1910年,セントルイスワシントン大学移り,最初,循環生理学分野の研究をしたが,エレクトロニクスを生理学に応用しはじめてから神経生理学の研究に手をつけた。そして単一の神経線維活動電位をとらえ,オシログラフに記録する装置をガッサーとともに開発した。この装置と,これによって得た活動電位の波形解釈と分析は,その後の電気生理学を飛躍的に発展させた。神経線維の機能上の高度な分化の発見に対して 1944年,ガッサーとともにノーベル生理学・医学賞を授与された。その後の研究の成果は 1947年,『神経の電気的活動』で発表された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーランガー
あーらんがー
Joseph Erlanger
(1874―1965)

アメリカの神経生理学者。カリフォルニア大学、ジョンズ・ホプキンズ大学に学び、ウィスコンシン大学医学部に勤務し、1910年からはセントルイスのワシントン大学医学部教授を務めた。神経信号という極微かつ瞬速な電気的変化の測定に、古典的な電磁式計器にかえて陰極線オシログラフ(オシロスコープ)に増幅器という軽便な方法を導入(1922)、いわゆるエレクトロニクス電気生理学時代の端緒をつくった。彼自身この方法で共同研究者のガッサーとともに、混合型神経幹での構成線維個別の衝撃波形を分離するなど、重要な成果を収め、1944年ノーベル医学生理学賞を連名で受賞した。主著『神経活動の電気的外徴』(1937)もガッサーとの共著である。

[柳田為正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android