イェニチェリ(英語表記)Yeniçeri; Janissaries

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェニチェリ
Yeniçeri; Janissaries

オスマン帝国の近衛歩兵軍団。 14世紀後半ムラト1世によって創設され,1430年頃までに制度的に完成された。帝国領内のキリスト教徒住民から強制徴用した年少者をイスラム教の戦士として訓練育成し,オスマン帝国軍の中核とした。身分的にはスルタンの奴隷であったが,大宰相をはじめ文武の高官が彼らのなかから出た。 16世紀以降特権濫用と軍紀弛緩のため制度的に崩壊し,1826年マフムート2世によって廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

イェニチェリ【Yeniçeri】

〔新軍の意〕
オスマン帝国における常備親衛軍。ヨーロッパ属領のキリスト教徒子弟を改宗して徴用した。一四~一六世紀の征服戦争に武功をたてたが、のちに軍紀が乱れ、軍閥化。1826年廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android