イェニチェリ(英語表記)Yeniçeri; Janissaries

  • Yeni Çeri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスマン帝国の近衛歩兵軍団。 14世紀後半ムラト1世によって創設され,1430年頃までに制度的に完成された。帝国領内のキリスト教徒住民から強制徴用した年少者をイスラム教戦士として訓練育成し,オスマン帝国軍の中核とした。身分的にはスルタン奴隷であったが,大宰相をはじめ文武の高官が彼らのなかから出た。 16世紀以降特権濫用と軍紀弛緩のため制度的に崩壊し,1826年マフムート2世によって廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Yeniçeri 「新しい兵士」の意) オスマン帝国の常設軍団の呼称。創設は一四世紀後半とされる。帝国の領土的発展に大きく貢献するが、軍隊の西欧化改革により一八二六年廃止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

オスマン帝国におけるスルタン親衛隊の常備歩兵軍団
トルコ語で「新軍」の。14世紀後半,ムラト1世のときに設けられたらしい。被征服地バルカンのキリスト教徒の子弟を徴集して訓練したもので,その精鋭ぶりはキリスト教国の脅威となった。しかし,強大な権限を握ってスルタンの廃立にまで介入するに至り,1826年マフムト2世により廃止された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android