コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェルザレム イェルザレム Jerusalem, Johann Friedrich Wilhelm

2件 の用語解説(イェルザレムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェルザレム
イェルザレム
Jerusalem, Johann Friedrich Wilhelm

[生]1709. オスナブリュック
[没]1789. ブラウンシュバイク
ドイツの神学者。啓蒙期の神学ネオロギーを唱える。ルター派の牧師として各地に伝道,1749年マリエンタール僧院長となる。神よりつかわされたイエスの使命は,人間の本性を完全さと尊厳へ高めることである,と説く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イェルザレム
いぇるざれむ
Wilhelm Jerusalem
(1854―1923)

ボヘミア生まれの哲学者、社会学者。1920年以後ウィーン大学の哲学教授。当時のカント主義、現象学などの先験主義論理主義に反対し、スペンサーデュルケームレビ・ブリュールマッハなどの影響下に、人間の精神を、生物学、心理学、社会学などを融合させた発展史的な観点からとらえようとした。その基本的傾向は「知性化」「個別化」の過程として示されているが、究極的には、この個別化過程がコスモポリタニズムに至るという信念をもっていた。このような発展史的哲学に基づいて一種の認識の社会学ないし社会学的認識論を企図したが、彼の生物学主義が、知識社会学としては問題を狭めていることは否めない認識社会学についての論文のほか、著書に『心理学教程』Lehrbuch der Psychologie(1887)、『社会学入門』Einfhrung in die Soziologie(1926)などがある。[徳永 恂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イェルザレムの関連キーワードオスナブリュックブリュッセル条約メーザーリュブリュキ押すな押すなリュックアールブリュットアルテブリュッケブリュッセル公園《オスナブリュック史》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone