コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェルムスレウ イェルムスレウHjelmslev, Louis

5件 の用語解説(イェルムスレウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェルムスレウ
イェルムスレウ
Hjelmslev, Louis

[生]1899.10.3. コペンハーゲン
[没]1965.5.30.
デンマークの言語学者。 1937年コペンハーゲン大学教授。言理学の提唱者として有名。この理論は『言語理論の基礎づけについて』 Omkring sprogteoriens grundlæggelse (1943) で述べられており,言語学の研究対象は,実質そのものではなく,機能をもった形式であるとする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イェルムスレウ(Louis Hjelmslev)

[1899~1965]デンマークの言語学者。コペンハーゲン学派の代表者。ソシュールの影響を受けて言語理論を発展させ、言語素論(言理学)を創始した。著「一般文法の原理」「言語理論序説」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

イェルムスレウ【Louis Hjelmslev】

1899‐1965
デンマークの言語学者。コペンハーゲン大学比較言語学教授(1937‐65)。言理学glossematicsと称する独自の言語理論を提唱した。1931年ブレンダルViggo Brøndal(1887‐1942)とともにコペンハーゲン言語学集団を創設し,39年《国際構造言語学雑誌Acta linguistica》を創刊した。プラハの音韻論学派,アメリカの構造言語学派と並んで,20世紀前半の,ソシュール以後の言語学の3主流の一つを代表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

イェルムスレウ【Louis Hjelmslev】

1899~1965) デンマークの言語学者。ソシュールの強い影響を受けて構造主義言語学を発展させ、コペンハーゲン学派の始祖となった。主著「一般文法の原理」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イェルムスレウ
いぇるむすれう
Louis Hjelmslev
(1899―1965)

デンマークの言語学者。コペンハーゲン大学比較言語学教授(1937~1965)。『一般文法の原理』(1928)以来、言語理論を志向し、ハンス・ウルダルと組み、『言語理論の基礎』(1943)、『言語の成層』(1954)などで、グロセマティクス(言理学)を唱道した。そのほか『格の範疇(はんちゅう)』『言語』『ラスムス・ラスク選集』『言語理論摘要』などがある。[林 榮一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイェルムスレウの言及

【意味論】より

…しかし,これらの意味論は厳密で科学的であるとはいえ,自然言語の語という実体を扱えず,また語のもつ形式から離れてはすでに言語学的とはいえない。言語学を純粋な科学にまで高め,意味の研究にもその厳密さを求めたL.イェルムスレウの研究が理論的方法の序論を述べただけに終わり,実際の展開がなかったのはそのためであり,また現在多くの言語学者の意味論的分析と称するものが,意味そのものの分析に陥っているのもそのためである。〈後家(ごけ)〉という語を〈人間+女+配偶者を失った〉と分析しても,ここには形式との対応がないのは明白である。…

※「イェルムスレウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イェルムスレウの関連キーワードリジェンダー童謡誌おてんとさんパテルノストロ自然と人生ハーグ平和会議久保天随会津若松(市)緯度変化株式会社極運動

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone