コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェローナイフ イェローナイフYellowknife

2件 の用語解説(イェローナイフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェローナイフ
イェローナイフ
Yellowknife

カナダ,ノースウェスト准州マッケンジー地区最大の町。ノースウェスト准州の州都。グレートスレーブ湖の北岸,イェローナイフ川河口にある。 1934年豊富な金銀鉱が近くに発見されて以来発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イェローナイフ【Yellowknife】

カナダ,ノースウェスト・テリトリーズの州都で,最大都市。人口1万5000(1991)。グレートスレーブ湖の北西岸に位置する。地名は周辺に住むインディアンが黄銅製の道具を用いていたことに由来する。1934年,43年に金鉱が発見されて急速な開発をみた。北極圏まで450km,南方の最大の都市エドモントンまで約1000kmに位置し,エドモントンとは毎日航空便で結ばれている。〈北方遺産センター〉が観光客の注目を引いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のイェローナイフの言及

【グレート・スレーブ[湖]】より

…マスやサケなどの漁獲が行われる。北岸のイェローナイフは,テリトリーズの行政中心であるとともに,金の鉱山としても知られる。1771年イギリス人探検家S.ハーンが湖を発見した。…

※「イェローナイフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone