イエール(英語表記)Hyères

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「イエール」の解説

イエール
Hyères

フランス南東部,バール県海岸から 5km内陸にある都市。ツーロン東方 18km,コートダジュール地方の最も古い保養地。背後にモール山地が迫り,かつてはローマの要塞であった。北側丘上に中世城址,城壁跡がある。中世の港町で,13世紀の聖ルイ聖堂などが残っている。 1481年以来フランス領。南部の新市街には博物館,カジノなどがある。南西方ジアン半島先端の沖合いにイエール諸島がある。ポールクロ,ポルクロル,ルバンの3島から成り,総面積約 13km2。避暑地,避寒地として知られる。イエールは人口5万 122 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「イエール」の解説

イエール
いえーる
Hyères

南フランス、バール県にある都市。人口5万1417(1999)。海岸から約4キロメートル離れているが、コート・ダジュールでもっとも古くから発達した避寒地の一つ。ロマネスクとゴシック様式のサント・ポール教会、18世紀創建のサント・ルイ教会がある。付近は花卉(かき)の栽培が盛んである。

[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android