コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオン強度

栄養・生化学辞典の解説

イオン強度

 稀薄溶液において,イオンの濃度と平均活量係数の関係の尺度となる数値.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イオン強度
いおんきょうど
ionic strength

水溶液の中に溶けている1種類のイオンまたは数種類のイオンの合計の示す働きの強さをいう。これは溶けているイオンの濃度と、イオンのもっている電荷の数に依存する。アメリカのG・N・ルイスとランドルMerle Randall(1888―1950)は、イオン強度Iを、

と定義した。ここでmは質量(重量)モル濃度(mol/kg溶媒)、zはイオンの電荷数、は全イオン種についての合計を示す。溶液中に溶けた、ある注目する電解質のイオンは、もし、その周りにイオン強度Iの多数の陰陽イオンの雰囲気が存在すると、それらから電気的相互作用を受ける。したがって、その挙動の自由さは制限される。その度合いは活動度係数γで表されるが、P・J・W・デバイ(オランダ生まれ。アメリカに帰化)とドイツのE・A・A・J・ヒュッケルは、Iとγの間の定量的関係

を導き、イオン強度さえ一定ならば、イオンの種類いかんによらず、注目する電解質の平均活動度係数は一定になることを示した。これをデバイ‐ヒュッケルの極限法則という。ここでγ±は、一つの電解質から生ずる陰陽両イオン(電荷の数はzz)の平均の活動度係数(実験では平均しか測定できない)、Aは溶媒の性質によって決まる定数(25℃の水で0.509)である。この式は溶液が薄い場合、よく実験結果とあう。[戸田源治郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イオン強度の関連キーワードデバイ‐ヒュッケルの極限法則イオン交換クロマトグラフィー水酸化スズ(水酸化錫)デバイ‐ヒュッケルの式イオン強度の法則第一種塩効果第二種塩効果等電点分離法質量分析計緩衝溶液超沈殿電解質塩析

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android