コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギリス商館 イギリスしょうかん

3件 の用語解説(イギリス商館の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イギリス商館【イギリスしょうかん】

イギリス東インド会社が平戸に設置した商館。1613年(慶長18)イングランド国王ジェームズ1世の国書を携えて通商を求めたJ.セイリスの来航に対して徳川家康が許可したのを受けて平戸に設けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イギリスしょうかん【イギリス商館】

イギリス東インド会社が平戸に設けた商館。1613年(慶長18)イギリス国王の国書を携えたJ.セーリスが来航し,徳川家康から通商の許可を得て,平戸に商館を設置した。R.コックスが商館長に選ばれ,6人のイギリス人のほか,以前から日本に居住していたW.アダムズ(三浦按針)を雇い入れた。しかし平戸に商館を持つオランダとの競争は激しく,中国商品の買付けも進まず,商館は利益をあげぬまま,23年(元和9)閉鎖された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリス商館
いぎりすしょうかん

イギリスの東インド会社が平戸(ひらど)(長崎県)に置いた日本商館factory。1613年(慶長18)ジョン・セーリスがジェームズ1世の国書を徳川家康に献じ、同国人ウィリアム・アダムズ(三浦按針(あんじん))の斡旋(あっせん)によって日本貿易特許の朱印状を得て開設した。商館長リチャード・コックス以下数名を置き、輸入品やオランダ艦隊と共同で捕獲したポルトガル、イスパニア、中国船の積み荷などを国内各地にさばいた。しかし商品補給や販売面で先発のオランダ商館に抑えられ、中国(明(みん))との直接貿易を画策したが成功せず、経営不振と家康死後の統制強化などにより、多額の不良債権を抱えたまま、1623年(元和9)閉鎖した。[中村 質]
『東京大学史料編纂所訳注『日本関係海外史料 イギリス商館長日記』(1979~1980・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イギリス商館の関連キーワードイギリス東インド会社イートンオランダ商館オランダ東インド会社コックスセーリス東インド会社プラッシーの戦い西インド会社ウィッカム

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イギリス商館の関連情報