コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イクバール イクバール 'Iqbāl, Sir Muḥammad

3件 の用語解説(イクバールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イクバール
イクバール
'Iqbāl, Sir Muḥammad

[生]1877.11.9. シアルコート
[没]1938.4.21. ラホール
インドの詩人,哲学者。熱心なムスリムの家庭に生れ,ラホール大学を卒業後ケンブリッジミュンヘン両大学で哲学を学ぶ。特にニーチェベルグソンから影響を受け,イラン神秘主義に関する研究で学位を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イクバール【Muḥammad Iqbāl】

1877‐1938
現代インド・ムスリムの偉大な詩人,思想家パンジャーブ生れ。ラホールで大学教育を受け,教職に携わった後,1905年渡英し,ヘーゲル,ニーチェなど西欧近代思想を学び,同時に弁護士の資格を獲得した。このころウルドゥー語ペルシア語の詩作を始め,イスラムの思想を詩にうたい,またパン・イスラム主義思想にも関心をもった。《自我の秘密》(1915)をはじめとする幾つかの詩集は,インド・ムスリムの学生やインテリ層に多大な影響を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イクバール
いくばーる
Sir Muhammad Iqbl
(1877―1938)

インドの詩人、思想家。パンジャーブ州のシアールコットに生まれる。ラホールで大学教育を終え、ヨーロッパに留学、法律と哲学の学位を得る。1908年に帰国後、大学教授を経て弁護士の職につく。彼の思想にはニーチェ、ベルクソンらの西洋哲学の影響が強い。1930年にムスリム連盟のアラハバード大会で議長を務めるなど政治面でも活躍。とくにパキスタンでは、建国の思想的指導者として国民の絶大な尊敬を集めている。ウルドゥー語、ペルシア語による多数の詩集のほか、『イスラムにおける宗教思想の再建』(1930)など英語で書かれた著書も多い。[鈴木 斌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイクバールの言及

【インド哲学】より

…彼らのなかで重要な役割を演じたのは,ラーマクリシュナの弟子で,ラーマクリシュナ・ミッションを設立したビベーカーナンダ,近代インドの生んだ最大の思想家といわれるオーロビンド・ゴーシュ,真理の把持と非暴力の実践を通じてインド独立に専念したマハトマ・ガンディー,詩人として著名なタゴール,西洋哲学との比較を念頭におきながらインド哲学の究明に尽力したラーダークリシュナンらであった。イスラムではムハンマド・イクバールが,行動主義を説き,自我の開発と強化を力説して,1920年代のムスリム知識階級に自信と勇気を与え,パキスタン建国の運動への道を開いた。【前田 専学】。…

※「イクバール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イクバールの関連キーワードアリーガル運動ムスリム連盟スリムスカートムハンマドイクバールスリムの日Pronoti ポイントフィルムスリムアーザードアミール・アリーインド・ムスリム全インド・ムスリム連盟

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イクバールの関連情報