コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサベラ島 イサベラとうIsla Isabela

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イサベラ島
イサベラとう
Isla Isabela

英語名アルベマール島 Albemarle Island。エクアドルガラパゴス諸島最大の島。行政的にはガラパゴス州に属する。エクアドル西岸から約 1000km西の太平洋上にある同諸島の西寄りにある。赤道を横切って北から南へ逆L字型に延びる火山島で,5つの火山があり,そのうち2つは活動中。最高点は約 1700mに達する。山地中腹から山麓にかけては森林におおわれ,つる植物やラン類も繁茂する。動物学的に興味深い島で,この島固有のコバネウ,ペンギンが生息するほか,陸生のイグアナが多く,フラミンゴのコロニーもある。南岸にあるビヤミルは 1958年まで流刑植民地であったが,現在は同島の主要港として,島に産するジャガイモ,ウシ,爬虫類の皮,魚類などを積出す。 80年 11月,島の2つの火山が噴火,住民や貴重な動物に大きな被害を与えた。 94年4月にも大規模な山火事が発生している。面積 5825km2。人口約 700。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イサベラ‐とう〔‐タウ〕【イサベラ島】

Isla Isabelaガラパゴス諸島の島。エクアドル領。同諸島最大の島で、最高峰アスール山(1698メートル)をはじめ、活火山が多い。ガラパゴスゾウガメガラパゴスリクイグアナ、ガラパゴスペンギンなどの固有種が生息。主な集落は南東のプエルトビラミル。アルベマール島。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イサベラ島
いさべらとう
Isla Isabela

南アメリカ大陸西岸より約1100キロメートル西方の赤道上にある島。アルベマールAlbemarle島ともいわれる。人口約500。エクアドルの一州であるガラパゴス諸島の一島で、面積4275平方キロメートル、同諸島の総面積の約半分の大きさをもつ。玄武岩質の溶岩や凝灰岩からなる火山島で、最高峰のアスール山(1698メートル)をはじめ、標高1000メートル以上の五つの大きな火山と、無数の小火口よりなっている。西に近接するフェルナンディナ島とともに火山活動が活発である。1835年C・R・ダーウィンが訪れ、特異な動植物群と地形、地質の調査を行った。長らくエクアドルの流刑地であり、囚人施設があったが、1958年閉鎖された。このイサベラ島のあるガラパゴス諸島は1978年に世界遺産の自然遺産として登録されている(世界自然遺産。2001年登録地域を拡張)。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イサベラ島の関連キーワードガラパゴス[諸島]隔離(生物学)サンタクルス島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android