コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサベラ島 イサベラとう Isla Isabela

3件 の用語解説(イサベラ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イサベラ島
イサベラとう
Isla Isabela

英語名アルベマール島 Albemarle Island。エクアドルガラパゴス諸島最大の島。行政的にはガラパゴス州に属する。エクアドル西岸から約 1000km西の太平洋上にある同諸島の西寄りにある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イサベラ‐とう〔‐タウ〕【イサベラ島】

Isla Isabelaガラパゴス諸島の島。エクアドル領。同諸島最大の島で、最高峰アスール山(1698メートル)をはじめ、活火山が多い。ガラパゴスゾウガメ、ガラパゴスリクイグアナ、ガラパゴスペンギンなどの固有種が生息。主な集落は南東のプエルトビラミル。アルベマール島。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イサベラ島
いさべらとう
Isla Isabela

南アメリカ大陸西岸より約1100キロメートル西方の赤道上にある島。アルベマールAlbemarle島ともいわれる。人口約500。エクアドルの一州であるガラパゴス諸島の一島で、面積4275平方キロメートル、同諸島の総面積の約半分の大きさをもつ。玄武岩質の溶岩や凝灰岩からなる火山島で、最高峰のアスール山(1698メートル)をはじめ、標高1000メートル以上の五つの大きな火山と、無数の小火口よりなっている。西に近接するフェルナンディナ島とともに火山活動が活発である。1835年C・R・ダーウィンが訪れ、特異な動植物群と地形、地質の調査を行った。長らくエクアドルの流刑地であり、囚人施設があったが、1958年閉鎖された。このイサベラ島のあるガラパゴス諸島は1978年に世界遺産自然遺産として登録されている(世界自然遺産。2001年登録地域を拡張)。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イサベラ島の関連キーワードアントウェルペンエーゼル島チモール島マースベリール島ランゲル島アロール島アルベマスオールベジ点紋マール

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イサベラ島の関連情報