コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシモチ

4件 の用語解説(イシモチの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イシモチ

ニベ科の魚。耳石が大きいためこの名がある。別名シログチ。地方名グチ,シラグチなど。全長40cm余に達する。北日本からインド洋まで広く分布し,近海の砂泥底にすむ。
→関連項目グチ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

イシモチ

 [Argyrosomus argentatus].グチ,シログチともいう.スズキ目ニベ科の白身の海産魚で,体長40cmほどになる.食用魚.そのまま食べるほかカマボコなどの原料にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシモチ
イシモチ

シログチ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシモチ
いしもち

硬骨魚綱スズキ目ニベ科の海水魚の1種シログチの別名。関東地方ではイシモチとよばれることが多く、また投げ釣りなどの対象種ニベをさす場合もある。名は、頭部(内耳)に大きな耳石(じせき)をもっていることに由来している。
 関西ではグチまたはシログチという。秋が美味で、塩味を少し強くすると味がよい。中国料理では甘い酢煮にする。かまぼこの材料にもする。[谷口順彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イシモチの関連キーワードニベアラザントリュフォーの思春期オオニベ銀橋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イシモチの関連情報