コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシモチ

百科事典マイペディアの解説

イシモチ

ニベ科の魚。耳石が大きいためこの名がある。別名シログチ。地方名グチ,シラグチなど。全長40cm余に達する。北日本からインド洋まで広く分布し,近海の砂泥底にすむ。
→関連項目グチ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

イシモチ

 [Argyrosomus argentatus].グチ,シログチともいう.スズキ目ニベ科の白身の海産魚で,体長40cmほどになる.食用魚.そのまま食べるほかカマボコなどの原料にする.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシモチ

シログチ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシモチ
いしもち

硬骨魚綱スズキ目ニベ科の海水魚の1種シログチの別名。関東地方ではイシモチとよばれることが多く、また投げ釣りなどの対象種ニベをさす場合もある。名は、頭部(内耳)に大きな耳石(じせき)をもっていることに由来している。
 関西ではグチまたはシログチという。秋が美味で、塩味を少し強くすると味がよい。中国料理では甘い酢煮にする。かまぼこの材料にもする。[谷口順彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イシモチの関連キーワードチョルラプク(全羅北)道ネンブツダイ(念仏鯛)サントーアオ(三都澳)テンジクダイ(天竺鯛)ナガバノイシモチソウタイワン(台湾)海峡ハイタン(海壇)島キョンギ(京畿)道プーティエン特別市シンホワ(興化)湾渤海(海域)ウチワゴカイテンジクダイニベ(鮸)イシガレイから揚げ全羅北道忠清南道発光生物かまぼこ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イシモチの関連情報