イズム(英語表記)ism

翻訳|ism

デジタル大辞泉の解説

イズム(ism)

《英語の接尾辞から》
主義。主張。学説。「イズムを異にする」「イズムにとらわれる」
多く固有名詞の下に付いて、特有な主義・流儀・傾向などの意を表す。「早稲田イズム」「三菱イズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

イズム【ism】

主義。説。 「自然主義も亦一つの-である/イズムの功過 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

イズム

(-ism)
[1] 〘語素〙 おもに固有名詞の下につけて、…主義、…説、…教、の意を表わす。また、ふざけて、「ガッチリズム」「チャッカリズム」「ガンバリズム」などと使われることもある。
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉六「矮黒痘痕(わいこくとうこん)君の非(アンチ)人間イズムの演説は大拍手喝采の中に終った」
[2] 〘名〙 しっかりした根拠に基づく考え。説。主義。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉二七「学者の習慣として、自己の説を唱ふる前には、あらゆる他のイズムを打破する必要を感ずるものと見えて」
[補注]明治末には、「ズルズルベッタリズム」(里見弴「手紙」)のような擬態語にイズムを接続する例が見られ、大正には人名に接続する「福本イズム」なども使われた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イズムの関連情報