イゼトベゴビッチ(読み)いぜとべごびっち(英語表記)Alija Izetbegović

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イゼトベゴビッチ
いぜとべごびっち
Alija Izetbegovi
(1925―2003)

ボスニア・ヘルツェゴビナの政治家。ボスニア北部とクロアチアのスラボニアとの境界に位置するスラボンスキ・シャマツで生まれた。ムスリム人の家庭で成長し、青年時代を通してムスリム民族主義者として自己形成を遂げた。サライエボ大学法学部卒業。第二次世界大戦後、社会主義政権下で企業の法律コンサルタントをしながら、ムスリム民族主義運動の中心人物となり、運動の扇動を企てたとの容疑で、1957年と1983年に逮捕されている。しかし1970年に執筆し、1990年に出版された『ムスリム宣言』の内容からして、彼を「イスラム原理主義者」とするきめつけはあたらない。その後1989年にムスリム民族主義を掲げた民主行動党を創設、同党は1990年の複数政党制による初の自由選挙で第一党となり、イゼトベゴビッチはボスニア・ヘルツェゴビナ共和国幹部会議長に選出された。ボスニアの独立を進め、1992年に内戦が開始された後も原則的にはボスニアの分割に反対してきた。しかし、アメリカ主導によるデイトンでの紛争3当事国の和平交渉に代表として臨み、実質的なボスニアの2分割承認で妥協した結果、1995年11月、和平合意が成立した。このデイトン合意に基づき、1996年9月に実施された統一選挙で、ムスリム人、セルビア人、クロアチア人の3勢力から1人ずつで構成される共和国大統領選挙に最高得票で選出され、ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国大統領会議議長に就任した。この「ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦」(ムスリムとクロアチア人勢力から構成)と「セルビア人共和国」からなる統一ボスニアをいかに回復するかが最大の課題であったが、イゼトベゴビッチは2000年10月に高齢と健康不安を理由として政界からの引退を表明した。[柴 宜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる