コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトムカ鉱山 イトムカこうざん

百科事典マイペディアの解説

イトムカ鉱山【イトムカこうざん】

北海道北見市にある水銀鉱山。1937年発見され,1939年から野村鉱業により開発された。無加川上流の第三紀火山岩である変朽安山岩に伴って産出され,特に自然水銀を多く含むことで知られた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

イトムカ鉱山

北海道常呂郡留辺蘂町(現・北見市)にあった鉱山。東洋一の水銀鉱山と呼ばれ、良質な自然水銀を産出した。1973年閉山。イトムカアイヌ語で「光り輝く水」の意。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イトムカこうざん【イトムカ鉱山】

北海道常呂郡留辺蘂(るべしべ)町にある水銀鉱山。1937年の発見。新第三紀の変朽安山岩中に発達する浅熱水性の割れ目充てん鉱床で,自然水銀,シンシャ(辰砂)からなる鉱石を産出する。とくに,自然水銀を多量に含むことで有名であるが,作業員が水銀蒸気により中毒する危険性もあった。かつて,水平スライス法,サブレベルケービング法などにより年間約5万tの粗鉱を採掘し,約90tの水銀をレトルト炉により生産,一時は約130tもの水銀を産出したこともある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイトムカ鉱山の言及

【北見山地】より

…山地周辺の山麓には周氷河性の緩斜面が各所に発達している。火成作用によって生成された金属鉱床があり,かつては日本有数の産出量を誇った金,銀の鴻之舞鉱山や水銀のイトムカ鉱山が操業していたが,ともに1973年閉山した。山地の大部分は国有林で,天然林が多い。…

※「イトムカ鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イトムカ鉱山の関連キーワード北海道北見市北見山地

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android