自然水銀(読み)シゼンスイギン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然水銀
しぜんすいぎん
mercury
quicksilver

金属元素鉱物の一つ。水銀の鉱石鉱物。常温で液体。多く粘土化、あるいは炭酸塩化された酸性火山岩、堆積(たいせき)岩(有機物を伴うことがある)中に生成された水銀鉱床中に辰砂(しんしゃ)、黄鉄鉱、白鉄鉱などとともに産し、まれに温泉沈殿物として産するほか、鉱床近傍の砂鉱中に産することもある。日本では、北海道常呂(ところ)郡留辺蘂(るべしべ)町(現、北見市留辺蘂町)イトムカ鉱山(閉山)の産出例が有名。鉄以外の重金属を主成分とする鉱物とはアマルガム鉱物(水銀と金属の合成鉱物)を除いてほとんど共存しない。

[加藤 昭 2017年5月19日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しぜん‐すいぎん【自然水銀】

〘名〙 天然に産する水銀。常温では液体で少量の金、銀などを含む。錫色(すずいろ)を帯びた白色で光沢が強い。ふつう鉱床中に辰砂(しんしゃ)とともに産出する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報