コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然水銀 シゼンスイギン

2件 の用語解説(自然水銀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐すいぎん【自然水銀】

天然に単体の状態で産する水銀。常温では液体で、主に辰砂(しんしゃ)に伴って産出。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然水銀
しぜんすいぎん
mercuryquicksilver

金属元素鉱物の一つ。水銀の鉱石鉱物。常温で液体。多く粘土化、あるいは炭酸塩化された酸性火山岩、堆積(たいせき)岩(有機物を伴うことがある)中に生成された水銀鉱床中に辰砂(しんしゃ)、黄鉄鉱、白鉄鉱などとともに産し、まれに温泉沈殿物として産するほか、鉱床近傍の砂鉱中に産することもある。日本では、北海道常呂(ところ)郡留辺蘂(るべしべ)町(現、北見市留辺蘂町)イトムカ鉱山の産出例が有名である。鉄以外の重金属を主成分とする鉱物とはアマルガム鉱物(水銀と金属の合成鉱物)を除いてほとんど共存しない。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然水銀の関連キーワードアルキル水銀常温水銀硫化水銀燻蒸剤固化メチル水銀自然硫黄地蝋アルキル水銀塩

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone