コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌシデ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌシデ
いぬしで / 犬四手
[学]Carpinus tschonoskii Maxim.

カバノキ科の落葉高木で、高さ12メートルに達する。若枝や葉に毛が多い。樹皮は灰白色で滑らかである。葉は互生し、卵形ないし長卵形で長さは4~8センチメートル、縁(へり)には重鋸歯(じゅうきょし)がある。側脈は12~15対ある。雌雄同株で、新芽が開くと同時に開花する。雄花は下垂し、雌花は枝先に緑色の穂となり、秋には果穂となって垂れ下がる。果穂の包葉はややまばらにつき、基部で堅果を抱く。アカシデに似るが、イヌシデは葉に毛があること、若枝や若葉が赤くないことで区別できる。本州、四国、九州の山地に普通にみられる。[菊沢喜八郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイヌシデの言及

【クマシデ】より

…同属のサワシバC.cordata Bl.はクマシデによく似るが,葉は広卵形で,基部は明らかな心形となる。アカシデC.laxiflora (Sieb.et Zucc.) Bl.,イヌシデC.tschonoskii Maxim.は樹皮に縦の割れ目があるが,細かくはげることはない。葉は披針形で側脈数も10~15対で少ない。…

※「イヌシデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イヌシデの関連情報