コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバニエス Carlos Ibañez del Campo

世界大百科事典 第2版の解説

イバニエス【Carlos Ibañez del Campo】

1877‐1960
チリの政治家。リナレス市生れ。生粋の軍人であったが,1924,25年のクーデタに参加して政界に入った。25年国防相,27年内相,同年副大統領を経て大統領に当選した。ムッソリーニを崇拝し,保守派の大統領として独裁的権力をふるったが,行政・軍・警察組織を近代化し,29年ペルーとの国境紛争を解決した。31年大恐慌の余波による混乱期にゼネストで追われ亡命。37年に帰国し,ナチ的組織と結んで政治活動をつづけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイバニエスの言及

【チリ】より

… 1920年には都市資本家層と労働者との支援のもとにA.アレサンドリ政権が登場し,地主,教会などに代表される保守勢力を抑えて,政教分離,労働三法の制定などを骨子とする進歩的な1925年憲法が採択された。しかし,この時期にはまだ資本家層と労働者の力は,ともに十分でなく,27年にはイバニエス保守独裁政権が成立した。 29年の世界大恐慌は一次産品の輸出国であるチリに甚大な被害をもたらし,イバニエス政権は31年に崩壊,政治的混乱が続いたが,32年アレサンドリ第2次政権以降,チリの政治は安定した。…

※「イバニエス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イバニエスの関連キーワードアレサンドリ・パルマバレンチノ