コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イパーチエフ Vladimir Nikolaevich Ipatiev

1件 の用語解説(イパーチエフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イパーチエフ【Vladimir Nikolaevich Ipatiev】

1867‐1952
モスクワ生れの化学者。高圧接触化学の開拓者。はじめ軍人教育を受けたが,砲術士官学校で学んだ化学に興味をもち,1896年ミュンヘン大学のJ.F.W.A.vonバイヤーのもとに留学,99年母校の教授。革命後も重要な地位にあり,レニングラードの高圧研究所を組織した(1927)。1930年アメリカに移り,市民権を得,ノースウェスタン大学教授,ユニバーサル石油会社研究部長を歴任。彼の名を有名にしたイソプレン合成をはじめ,みずから発明した高圧ボンベ(イパーチエフ・ボンベ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イパーチエフの関連キーワードタムモスクワ州モスクワ遠征モスクワ芸術座モスクワ大学リヒテル亡命者はモスクワをめざすモスクワ5000モスクワを占領せよローゼンブラット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone