コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イパーチエフ Vladimir Nikolaevich Ipatiev

世界大百科事典 第2版の解説

イパーチエフ【Vladimir Nikolaevich Ipatiev】

1867‐1952
モスクワ生れの化学者。高圧接触化学の開拓者。はじめ軍人教育を受けたが,砲術士官学校で学んだ化学に興味をもち,1896年ミュンヘン大学のJ.F.W.A.vonバイヤーのもとに留学,99年母校の教授。革命後も重要な地位にあり,レニングラードの高圧研究所を組織した(1927)。1930年アメリカに移り,市民権を得,ノースウェスタン大学教授,ユニバーサル石油会社研究部長を歴任。彼の名を有名にしたイソプレン合成をはじめ,みずから発明した高圧ボンベ(イパーチエフ・ボンベ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イパーチエフの関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone