コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ハッリカーン イブン・ハッリカーン Ibn Khallikān, Aḥmad ibn Muḥammad al-Barmakī

2件 の用語解説(イブン・ハッリカーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ハッリカーン
イブン・ハッリカーン
Ibn Khallikān, Aḥmad ibn Muḥammad al-Barmakī

[生]1211.9.22. イルビール
[没]1282.10.30. ダマスカス
アラブの伝記作者,歴史家。イラク北部のイルビール (アルベラ) の名門に生れた。バルマク家の血統をひくという。 1238年頃エジプトに行き,大法官の補佐となる。 61年にマムルーク朝スルタンバイバルスによりダマスカスの大法官 (カーディル・クダート) に任ぜられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・ハッリカーン
いぶんはっりかーん
Ibn Khallikn
(1211―1282)

イラク生まれのイスラム教法学者、伝記作者。アフガニスタン系名門バルマク家の後裔(こうえい)として北イラクのアルベラで生まれ、同地でイスラム学の教育を受けてからシリアへ行き、アレッポ、ダマスカスで学び、さらにカイロへ赴いて研究を続け、カーディー(法官)となった。マムルーク朝下のシリアに赴き、ここでも法官を務めたが、一時失脚してカイロへ戻り、のちに再度シリアへ赴いて、死去の前年までこの地にとどまった。彼が後世に残した最大の業績は『ワファヤート・アル・アアヤン・ワ・アンバー・アブナー・アッザマーン』(当代の名士録)という題の人名辞典を編述したことであった。これには865人の有名人の事績が書かれ、中世イスラムの知的活動を知るために欠かせない資料となっている。1843~71年にド・スラーヌによる英訳が刊行された。またイブン・シャーキル・アル・クトゥルビーの『ファワート・アル・ワファヤート』はこの人名辞典の補遺である。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イブン・ハッリカーンの関連キーワードアルビールドルビーモバイルビール瓶金しゃちビール ポップ香るビールこはるビールスタールビースチール・ビーチめざめるビールルビーナイルエールビール

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone