イム・グォンテク(林権澤)(読み)イム・グォンテク(英語表記)Im Kwon-taek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イム・グォンテク(林権澤)
イム・グォンテク
Im Kwon-taek

[生]1936.5.2. 全羅南,長城
大韓民国 (韓国) の映画監督。『豆満江 (トマンガン) よさらば』 (1962) でデビューし,歴史劇や戦争映画を多数手がける。作家意識が芽生えた『雑草』 (1973) が高く評価されたのち,梶山季之の小説を映画化した問題作『族譜』 (1978) を発表。主作品『曼陀羅』 (1981) 『キルソドム』 (1985) 『シバジ』 (1986) 『風の丘を越えて 西便制 (ソピョンジェ) 』 (1993) 『酔画仙』 (2002) など (→韓国映画 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android