コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イモリ イモリ Triturus pyrrhogaster

3件 の用語解説(イモリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イモリ
イモリ
Triturus pyrrhogaster

サンショウウオ目イモリ科。体長8~12cm。体表は粗雑で,背面は黒または暗褐色,腹面は赤あるいは黄橙色で普通不規則な黒色の斑紋がある。頭部は細長く,耳腺が発達する。尾は胴より長く,側扁し,雄では幅が広く末端で急にとがるが,雌では基部より次第に細まる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イモリ

有尾目イモリ科の両生類の総称。アカハラとも呼ばれるニホンイモリは,日本の代表的な種。全長8〜13cm,雄は一般に小さい。本州,四国,九州に分布。背面は黒紫色,腹面は赤色で黒色斑紋がある。
→関連項目アカハラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イモリ
いもり / 蠑・井守
newt

広義には両生綱有尾目イモリ亜目、狭義にはそのうちのイモリ科に属する種の総称であるが、日本ではアカハライモリの通称としても用いられる。[倉本 満]

分類・形態

イモリ科はヨーロッパ、北アフリカ、アジア、北アメリカ、および中央アメリカの一部に分布し、15属40種を含む。代表的な種としてはヨーロッパのクシイモリTriturus cristatus、オビイモリT. vulgaris、サラマンドラSalamandra salamandra、アジアのアカハライモリCynops pyrrhogaster、イボイモリTylototriton andersoni、アメリカのブチイモリNotophthalmus viridescens、カリフォルニアイモリTaricha torosaなどがある。体形は有尾類の典型的なもので、全長4~20センチメートル、頭は比較的小さく、細長い胴と尾がある。四肢は短小で、前肢に4本、後肢に5本の指がある。皮膚は一般に粗く、体表からフグ毒であるテトロドトキシンを分泌する種がある。
 イモリ亜目には、イモリ科のほかにホライモリ科とアンヒューマ科が含まれるが、イモリ科に比して種数は少ない。上あご、下あごおよび口蓋(こうがい)に歯があり、肺があるなどの共通点があるが、ホライモリ科とアンヒューマ科では水中生活に適応して形態が特殊化している。
 アカハライモリは本州、四国、九州および隣接の島々にすみ、全長10センチメートル内外で、背面は黒褐色、腹面は赤橙(せきとう)色の地に黒斑(こくはん)がある。雄は雌より小形で、繁殖期には総排出孔の周囲が大きく膨らむ。また、雄の尾の側面は紫青色を呈する。琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)には亜種シリケンイモリC. p. ensicaudaが分布する。[倉本 満]

生態

イモリ科にはほぼ完全に地上性の種から水中性の種まであり、生息場所は多様である。わが国のイモリは低地から山地にかけ、主として溝、水田、沼などの止水にみられるほか、流れの緩い河川にも生息する。昆虫類、甲殻類、クモ類、ミミズ類などを食べる。
 イモリ亜目はすべて体内受精であるが、交尾がないため、雌雄は複雑な求愛行動によって精包(精子塊)の授受を行う。雄には精包を形成するための分泌腺(せん)があり、そこから水底または地上に落とした精包を雌が総排出孔から取り込む様式が多いが、雄が雌に体を巻き付けて精包を移す種もある。精包は雌の貯精嚢(のう)に蓄えられ、卵は産卵直前に受精する。受精卵が輸卵管内で発育し、幼生となって産み出される種もあり、アルプスサラマンドラS. atraのように変態個体を産む種もある。
 アカハライモリの産卵期は春から初夏までで、水底で雄は雌を認めると、その進路を阻むようにして雌の鼻先で尾を細かく振動させる。雌が反応すると雄は歩き始め、雌がそのあとに続く。やがて雄は水底に精包を放出し、雌がその上を通過するとき総排出孔からそれを取り込む。卵は1個ずつ水草の葉に包むようにして産み付けられる。孵化(ふか)した幼生は水中で生活し、変態して上陸するが、成熟するとふたたび水中生活を始める。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イモリの関連キーワード有尾類霞山椒魚山椒魚箱根山椒魚井守蝦夷山椒魚黒山椒魚東京山椒魚日本サンショウウオセンターサンショウウオ(山椒魚)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イモリの関連情報