コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリイチ イリイチ Ivan Illich

5件 の用語解説(イリイチの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イリイチ(Ivan Illich)

[1926~2002]オーストリア生まれの思想家ラテンアメリカを中心に活動。カトリックの司祭だったが、教会と対立し解職される。医療や学校制度を中心に、産業社会批判・文明批判・エコロジー論を展開した。著「脱学校の社会」「脱病院化社会」「シャドウワーク」「ジェンダー」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イリイチ

現代の産業社会を分析,批判する思想家。ウィーン生れ。ヨーロッパで学位を得た後,ニューヨークに渡り,プエルト・リコ人街でカトリック司祭として活動。その後,メキシコに国際文化資料センターを設立し,研究の拠点とする。
→関連項目脱学校論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

イリイチ【Ivan Illich】

1926~2002) 歴史学者・思想家。オーストリア生まれ。ラテン-アメリカを中心に活動。カトリックの司祭。シャドウ-ワーク、バナキュラー価値などのエコロジー論で知られる。著「脱学校社会」「シャドウ-ワーク」「ジェンダー」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イリイチ
イリイチ

イリッチ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イリイチ
いりいち
Ivan Illich
(1926―2002)

哲学者・歴史家。ウィーン生まれ。ローマグレゴリオ大学で哲学・神学、ザルツブルク大学で歴史学を学んだあと、1951~1956年、ニューヨークのウェスト・サイド教区のカトリック司祭として、移民たちの抱えるさまざまな問題に直面。1956~1960年、プエルト・リコのカトリック大学の副学長を務め、ラテンアメリカに派遣されるアメリカ合衆国聖職者の訓練センターを組織。1960年からは、メキシコのクエルナバカで、インターカルチュラル資料センターCenter for Intercultural Documentationを共同で設立。そこで、現代産業技術社会の諸問題を批判的に分析するさまざまなセミナーを主催する。その間、ラテンアメリカでの教会の役割や産児制限問題でバチカンと対立。1969年還俗(げんぞく)。以後、自由な立場で自己の見解を次々に発表する。学校、病院、交通手段、賃労働と性役割、電子メディアなど、現代のさまざまな領域における「進歩」にみえるものが、われわれの自立的な活動を単なる「財・サービスの消費」へと変え、世界とわれわれ自身の活動の価値を「稀少(きしょう)性」で計るように仕向けてしまうこと、また、それによって、われわれの生活を、専門家や諸サービスに対して、ますます依存的なものに変えてしまうことを彼は示す。彼の分析の根底には、教会学(典礼論)から彼が学んだ「かたち(儀礼)が内実(内面)を変化させる」という視点がある。1990年代以降は自分をとくに歴史家として規定。現代人の基本的な精神の枠組みの根源を、古代・中世までさかのぼって示す試みを続けていた。著書に『脱学校の社会』(1971)、『コンヴィヴィアリティのための道具』(1973)、『エネルギーと公正』(1974)、『脱病院化社会』(1975)、『シャドウ・ワーク』(1981)、『ジェンダー』(1982)、『生きる思想』(1991年。1978~1989年の草稿の集成。日本での出版のみ)などがある。[桜井直文]
『東洋・小澤周三訳『脱学校の社会』(1977・東京創元社) ▽大久保直幹訳『エネルギーと公正』(1979・晶文社) ▽フォーラム・人類の希望編『人類の希望――イリイチ日本で語る』新版(1984・新評論) ▽尾崎浩訳『オルターナティヴズ――制度変革の提唱』(1985・新評論) ▽伊藤るり訳『H2Oと水――「素材」を歴史的に読む』(1986・新評論) ▽渡辺京二・渡辺梨佐訳『コンヴィヴィアリティのための道具』(1989・日本エディタースクール出版部) ▽滝本往人訳・解題『政治的転換』(1989・日本エディタースクール出版部) ▽I・イリイチ、B・サンダース著、丸山真人訳『ABC――民衆の知性のアルファベット化』(1991・岩波書店) ▽岡部佳世訳『テクストのぶどう畑で』(1995・法政大学出版局) ▽玉野井芳郎・栗原彬訳『シャドウ・ワーク――生活のあり方を問う』(1998・岩波書店) ▽玉野井芳郎訳『ジェンダー――女と男の世界』(1998・岩波書店) ▽金子嗣郎訳『脱病院化社会――医療の限界』(1998・晶文社) ▽桜井直文監訳『生きる思想――反=教育/技術/生命』新版(1999・藤原書店) ▽山本哲士著『学校・医療・交通の神話 イバン・イリイチの現代産業社会批判』(1979・新評論) ▽山本哲士著『ディスクールの政治学 フーコー、ブルデュー、イリイチを読む』(1988・新曜社) ▽萩原弘子著『解放への迷路 イヴァン・イリッチとはなにものか』(1988・インパクト出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イリイチの関連キーワードカスミン昭和アメリカン・ゴッズCasper救命病棟24時スペシャル2002くまもと菓子博20022002年ばあちゃん(ハルモニ)音頭私の青空2002ユーヴィトレインバビエ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イリイチの関連情報