イレウス(英語表記)〈ラテン〉ileus

デジタル大辞泉の解説

イレウス(〈ラテン〉ileus)

腸閉塞(ちょうへいそく)。

イレウス(Ilhéus)

ブラジル東部、バイーア州の都市。州都サルバドールの南約220キロメートルに位置し、大西洋に面する港湾をもつ。16世紀前半に建設。周辺はイタブナとともにカカオ栽培が盛んで、カカオの積出港となっている。イリェウス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

イレウス【ileus[ラテン]】

腸閉塞intestinal obstructionともいう。腸管の閉塞によって腸の内容物の輸送が障害される病気の総称。語源は腸の疝痛を意味するギリシア語eileōs。病気の原因は多様であるが,腹痛,吐き気,嘔吐,腹部の膨満,排ガスや排便の停止といった共通の症状を呈する。イレウスは原因によって,機械的イレウスと機能的イレウスに大別される。
[いろいろなイレウス]
 機械的イレウスには,腸の血行が保たれている単純性イレウスと,腸間膜の血管がしめつけられるため腸の血行が障害される絞扼(こうやく)性イレウスがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

内科学 第10版の解説

イレウス(腸疾患)

概念
 腸内容の推進が高度に障害され腹部膨満,腹痛などの症状をきたすにいたった状態.腸閉塞ともいう.
分類・原因
 機序の上から機能的イレウスと機械的イレウスに分けられる(表8-5-23).
1)機能的イレウス:
器質的な通過障害がないのに腸内容の推進が高度に障害されたもの.大部分は麻痺性イレウスである.
a)麻痺性イレウス:種々の原因で腸の運動能が障害された結果起こる.長期臥床,中枢神経疾患,精神疾患,腹膜炎,術後,外傷後,全身性硬化症,偽性腸閉塞,Ogilvie症候群【⇨8-5-16)】などが原因となる.麦角アルカロイド,麻薬,抗コリン薬,向精神薬などの薬物も原因となる.
b)痙攣性イレウス:表8-5-23のような原因で腸が強く収縮し,強い腹痛と通過障害をきたす.まれにしかみられない.
c)先天性:Hirschsprung病【⇨8-5-1)】.
2)機械的イレウス(表8-5-23):
器質的疾患のため腸内容の推進が物理的に阻害されて起こる.原因疾患の部位から小腸イレウスと大腸イレウスに分けることも広く行われ,小腸イレウスでは癒着や内・外ヘルニア,大腸イレウスでは大腸癌が多い.
 a)単純性イレウス:機械的イレウスのうち,腸の高度の血流障害を伴っていないもの.多いのは腹部術後の癒着によるもの.ほかに外ヘルニアや内ヘルニア,子宮内膜症,胆囊炎や虫垂炎などの腹腔内炎症後,悪性腫瘍による通過障害,胆石性イレウス,異物性イレウス,腸回転異常,Crohn病,放射線照射後,高度の便秘など多くのものが原因となる.新生児では先天性の腸管閉鎖でみられる.
 b)複雑性(絞扼性)イレウス:機械的イレウスのうち,腸の血流障害を伴うもの.腹腔内癒着,外ヘルニアや内ヘルニアの陥嵌,腸重積,消化管軸捻症などが原因となり,重篤であり緊急の対処を要する.乳児の腸重積では注腸での治療も可能なことがある.
病態生理
 腸管に通過障害が発生するとそこより上流の消化管内に内容物がたまり,さらに上流から分泌された消化液も加わって圧力が高まり腸管が拡張する.このため腹部膨満,腹痛,嘔吐をきたす.さらには停滞に伴って腸内細菌が繁殖して血中へ菌や毒素が流出し(細菌移行),菌血症も起こす.一方,通過障害部位より下流では内容の停滞や腸管の拡張はみられない.腸内に多量の消化液が貯留した結果循環血漿量が減少し,ひいては血液量減少性ショックに至ることもある.複雑性イレウスでは,さらに症状が激しく,腸管壊死から穿孔,汎発性腹膜炎をきたしてエンドトキシンショックの側面も伴い,無治療では死に至る.
臨床症状
1)自覚症状:
機械的イレウスでは排便・排ガスの停止,腹痛,嘔吐,腹部膨満などの症状が急性ないし亜急性に発症する.単純性イレウスでの腹痛は発症当初は増悪,緩和を繰り返す疝痛だが進行すると持続性になってくる.複雑性イレウスでは当初から強い持続痛のことが多い.嘔吐の発生時期は閉塞の部位により,消化管の下部であるほど発生時期が遅くなる.吐物は胆汁をまじえ,時間がたつと糞臭を伴ってくる.麻痺性イレウスでは経過はより緩徐かつ軽度である.ほとんどの場合排便・排ガスが止まるが,腸重積や軸捻症では少量の血便がみられることがある.
2)他覚症状:
イレウスでは多かれ少なかれ鼓腸がみられる.機械的イレウスでは腸音が亢進して金属音を呈し,ときに視診で亢進した蠕動が確認できるが,救急処置で鎮痙薬を投与した後の診察ではそれらがはっきりしなくなることに注意する必要がある.単純性イレウスでは圧痛はあっても腹膜刺激症状を欠くが,複雑性イレウスでは自覚症状が強い上に腹膜刺激症状を伴ってくる.また,腸音も,複雑性イレウスでは進行すると逆に減弱していく.
検査
成績
 腹部単純X線写真が最も重要で,イレウスの存在診断と閉塞部位のおおまかな推定ができる(図8-5-32).臥位と立位で撮影するが,立位困難なときは側臥位でよい.閉塞部より上流の腸管が拡張し,ニボーの形成がみられる.腸管ガス像は,小腸では細かいKerckringひだ(小腸にみられる輪状のひだ構造,とくに上部小腸で目立つ)があるのに大腸ではそれがないのが区別のポイントになる.ただし,複雑性イレウスではニボーがはっきりしないこともある.麻痺性イレウスでは腸が全体に拡張する.
 腹部エコーやCT,MRIも非常に有用である.エコーでは腸液で満たされた小腸にKerckringひだがみえるキーボードサイン(keyboard sign)や,腸内容が前後に動くto-and-fro signがみられる.中等量以上の腹水が出現している場合は複雑性イレウスの可能性を考える.CTやMRIではイレウスの存在,閉塞部位や原因の同定,絞扼の有無なども評価可能である.
 イレウスでは通常の大腸内視鏡や注腸造影が行われることは少ないが,腸重積では注腸で特徴的なカニの爪状の所見で診断がはっきりするとともに治療にもなりうる.S状結腸軸捻では大腸内視鏡による整復が治療として行われる.21世紀になって小腸内視鏡が進歩し,ダブルバルーン内視鏡で小腸深部の観察が可能になり,イレウスでも術前診断や狭窄の内視鏡治療が大幅に可能になってきた.
 血液検査では,初期には白血球・血小板の増加,進行すると脱水に伴うHbやBUNの増加,KやC1の嘔吐や腸管内への喪失による低下,代謝性アルカローシスがみられる.絞扼性イレウスでは代謝性アシドーシスやCPK上昇もみられる.CRPなどの炎症反応は発症初期には上昇が確認できないので注意が必要である.
診断
 イレウスであることの診断,機能性か機械的かの診断,単純性か複雑性かの診断,原因の確定が必要である.
治療・経過・予後
 機能性イレウスではまずは必要に応じた対症療法(絶食補液,チューブによる減圧など)を行った上で原因に応じた処置を行う.機械的イレウスでも同様だが抗菌薬の全身投与が必要なことが多く,複雑性イレウスでないかの見極めが重要である.複雑性イレウスでは早急な対処が必要となる.[松橋信行]

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

世界大百科事典内のイレウスの言及

【カイチュウ(回虫)】より

…これらの症状は,幼虫が肺を通過してしまうと速やかに軽快する。成虫の寄生による回虫症の症状としては,腹痛,食欲不振または異常亢進,下痢などがみられ,多数寄生の場合にはイレウスをおこすことがある。また,胆管,膵管などに迷入して急性腹症の原因となり,胃に入って胃痙攣(けいれん)をおこし,さらにさかのぼって鼻腔,耳管などに迷入することもある。…

【腸管癒着症】より

…癒着が著しくなると,内容物の通過も悪くなり腹痛,吐き気,嘔吐の原因となる。これらは暴飲暴食などが誘因となって癒着部に腸閉塞(イレウス)をおこすためであり,腸閉塞の原因としてはこの腸管癒着が最も多い。このような腸閉塞は通常単純性イレウスと呼ばれるが,ときには腸管どうしや腸管と腹壁の間に強靱な索状物ができ,これが腸管をしめつける網の役目をして,絞扼(こうやく)性イレウスになることもある。…

【腹痛】より

…いずれにしても,腹膜炎発症後1~2時間のうちに手術をしないと生命にかかわることがあるので,早期の診断と治療が重要である。腹膜炎
[イレウス]
 激しい腹痛を伴う。腸の一部が圧迫されたり,ねじれたりして,内容物が通過不能となった状態で,腸閉塞,俗に腸捻転ともいう。…

※「イレウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イレウスの関連情報