コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワウチワ

3件 の用語解説(イワウチワの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イワウチワ

イワウメ科の常緑多年草。本州の特産で山地の半日陰地に群生する。根茎は横にのび,葉は根出し,腎円形で厚く,つやがあり,縁には波状の鋸歯(きょし)がある。春,10〜20cmの花茎を出し頂に花が一つつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イワウチワ【Shortia uniflora (Maxim.) Maxim.】

山中のやや日陰の岩地に生えるイワウメ科の常緑多年草(イラスト)。春,淡紅色の美しい花を開く。名は葉がうちわの形をしていることに基づく。茎はやや木質で細く,地をはいその先に葉を束生する。葉は長さ幅ともに2.5~7cm,革質で長い柄があり,広円形,円形または広楕円形で先がややへこみ,波状の鈍い鋸歯がある。葉のわきから長い花茎を伸ばし,横向きに1花をつける。花は広鐘形で5裂し,裂片は縁が細かに裂ける。5本のおしべと5個の仮雄蕊(かゆうずい)とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワウチワ
いわうちわ / 岩団扇
[学]Shortia uniflora (Maxim.) Maxim.

イワウメ科の草状の小低木。地をはう細い茎の先に群生する葉は革質、広円形または円形で先がへこむ。春、葉の腋(わき)から花柄を伸ばし紅紫色の1花をつける。花は鐘形で5裂し、裂片はさらに細かく裂ける。5本の雄しべと5個の仮雄蕊(かゆうずい)がある。山地の暗い所に生え、本州にのみ分布する。近縁のリュウキュウイワウチワは奄美(あまみ)大島以南、台湾に分布し、花が白色である。この属にはほかに北アメリカ、中国に1種ずつ分布する。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワウチワの関連キーワード岩団扇岩梅下草節分草大唐米梅花黄蓮日陰草日陰の糸姫射干蔓連朶

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イワウチワの関連情報