コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワオウギ

百科事典マイペディアの解説

イワオウギ

北海道,本州中北部の高山にはえるマメ科多年草東アジアにも分布する。茎は高さ30〜50cmあって数個の奇数羽状複葉をつける。小葉は11〜25個で,狭卵形。6〜8月,葉腋から総状花序を出し,2cm内外の淡黄色の蝶(ちょう)形花を多数つける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワオウギ
いわおうぎ / 岩黄耆
[学]Hedysarum vicioides Turcz.

マメ科の多年草。別名タテヤマオウギ。茎は叢生(そうせい)してよく分枝し、高さ10~80センチメートル。葉は奇数羽状複葉、小葉は11~25枚、狭卵形で長さ1~2センチメートル。7~8月、茎上部の葉腋(ようえき)に有柄の総状花序を出し、10~30個の蝶形花(ちょうけいか)をつける。花は黄白色でやや下向きに開き、もっとも内側にある1対の竜骨弁が5花弁中もっとも大きい。節果は扁平(へんぺい)で1~4個の小節果からなり、上下の縫合線に沿い幅の不規則な翼をもつ。小節果は広楕円(こうだえん)形で、隆起する網状脈があり、熟すと節で分離して落下し、裂開しない。本州中部地方以北の高山に生え、北海道では山地から低地、ときに川原の砂礫地(されきち)にも生える。朝鮮、中国東北部、シベリア東部にも分布する。[立石庸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イワオウギの関連キーワードイワオウギガニアサマシジミミヤマシジミヒメシジミ高山植物立山黄耆節莢果富士山岩扇蟹

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android