コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワタケ

2件 の用語解説(イワタケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イワタケ

日本と中国の山地に特産するイワタケ科の地衣類。体は葉状で円形〜楕円形,径5〜10cm,表面は暗褐色,裏面は黒色で中央にへそ状の突起が1個あり,岩石に着生する。古くから食用になる地衣として珍重されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワタケ
いわたけ / 岩茸
[学]Gyrophora esculenta Miyoshi

地衣類イワタケ科の1種。日本産地衣類の代表的なものに数えられる。日本全国の山地の岩場にある露出した岩石(おもに花崗岩(かこうがん)、珪岩(けいがん)など)の上に生える。地衣体は平らな葉状体で、直径5~10センチメートル(まれに30センチメートルのものもある)の円形に広がる。葉状体の表面は乾くと褐色で滑らかであるが、湿ると暗緑色となる。縁のほうは多少切れ込みがあり、波状にやや縮れることが多い。葉状体の裏側は一様に黒色で、中央に突出した臍状体(さいじょうたい)をもち、これで岩につく。子器はごくまれにつき、盤状で、表面には渦巻状の模様がある。
 イワタケは食料として酢の物、てんぷら、汁の実などに利用される。このためイワタケの有名な産地(埼玉県秩父(ちちぶ)地方、愛媛県面河渓(おもごけい)周辺など)では、切り立った岩場でイワタケとりをする専門家がいて、とったものは乾燥され山菜として市販されている。イワタケを食料として利用することは古くから行われており江戸時代の本草書にもよく出てくる。イワタケ属は世界中で約50種、日本では18種ほどが知られているが、食料として利用されるのはイワタケだけである。このほかの種には、本州の高山帯に多いミヤマコゲノリUmbilicaria torrefacta、山地の川岸の岩上に生えるカワイワタケDermatocarpon miniatumなどがある。[佐藤正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワタケの関連キーワード筬羊歯篠竹袋茸岩茸革茸黄金茸科の木針茸ナメコハツタケ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イワタケの関連情報