コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワダレソウ

百科事典マイペディアの解説

イワダレソウ

クマツヅラ科の多年草。関東〜沖縄および世界の亜熱帯〜熱帯に分布。海岸砂地にはえる。茎は分枝して長く砂の上をはい,肉質倒卵形の葉を対生する。7〜10月,紅紫色の小花が,長い柄の先に円柱形に密に咲く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イワダレソウ【Lippia nodiflora (L.) Michx.】

海岸近くに生えるクマツヅラ科の多年草(イラスト)。茎は長く張って分枝し,短いねた毛があって,節からところどころ根を出す。葉は対生して倒卵形,長さ1~4cm,やや質が厚く,縁には数対の鋸歯がある。花は,6~9月頃,葉腋(ようえき)から出た柄の先に楕円形の短い穂をつくり,淡紅紫色で,花冠は4裂し,径約2mm。花の基部には扁円形の苞がある。果実は小さくて萼に包まれ,2個の分果に分かれる。和名は海岸の岩地に垂れ下がるので岩垂草とつけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワダレソウ
いわだれそう / 岩垂草
[学]Lippia nodiflora (L.) L. C. Rich. ex Michx.

クマツヅラ科の多年草。茎は長く砂上をはい、葉は対生し、倒卵形で厚く、上半部に鋸歯(きょし)がある。7~10月、葉腋(ようえき)に花茎を直立し、円柱状の花穂をつけ紅紫色の唇形花を開く。本州の関東地方以西、四国、九州、沖縄の海岸や川岸の砂や岩上に生え、世界の熱帯から亜熱帯にかけて分布する。イワダレソウ属は果実は2分果からなり、世界に約220種、日本には1種が分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イワダレソウの関連キーワードタテハモドキ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android