コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イングリッシュ・ホルン イングリッシュホルン

3件 の用語解説(イングリッシュ・ホルンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イングリッシュ・ホルン

ダブル・リードの木管楽器コーラングレcor anglaisともいう。オーボエの一種だが,5度低く,ヘ調の移調楽器。音質は鼻声で甘美。その特有の音質を巧みに生かした管弦楽曲としては,ロッシーニオペラウィリアム・テル》序曲,ドボルジャークの《新世界交響曲》の第2楽章,シベリウス《トゥオネラの白鳥》などが有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イングリッシュ・ホルン
イングリッシュ・ホルン

コーラングレ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イングリッシュ・ホルン
いんぐりっしゅほるん
English horn

管楽器。オーボエより完全5度低いヘ調の移調楽器。コーラングレとも。発音原理や奏法はオーボエと等しいが、形態はやや大きく、吸い込み管が屈折し、朝顔が球状であるところに特徴がある。この楽器の前身である18世紀のオーボエ・ダ・カッチャ(狩りのオーボエ)は形態的にコール・ダ・カッチャ(狩りのホルン)と似ており、その点でイングリッシュ・ホルンの語義「イギリスのホルン」の由来を示唆するが、直接イギリスと関係があるかどうかはまだ明らかではない。18世紀には半円形の曲管を示し、徐々に「く」の字形に移行して、1839年には直管のイングリッシュ・ホルンをブロが発明して今日に至っている。シベリウスの交響詩『トゥオネラの白鳥』、ドボルザークの交響曲第9番『新世界より』などで効果的に用いられている。[中川 真]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イングリッシュ・ホルンの関連キーワードオーボエコーラングレショームイングリッシュホルンコントラファゴットサキソホン嗩吶木管ダブルリードバラバーン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イングリッシュ・ホルンの関連情報