コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インゲンホウス インゲンホウス Ingenhousz, Jan

3件 の用語解説(インゲンホウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インゲンホウス
インゲンホウス
Ingenhousz, Jan

[生]1730.12.8. ブレダ
[没]1799.9.7. ウィルトシャー,ボーウッド
オランダの生理学者,医者。ルーフェンカトリック大学とライデン大学で学び,ロンドンで開業 (1765~68) 。のちオーストリア皇后マリア・テレジアの侍医としてウィーンに住む (72~79) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

インゲンホウス【Jan Ingenhousz】

1730‐99
オランダの医師,科学者。オランダのブレダに生まれ,ヨーロッパ各地の大学で医学を学ぶ。1765年ロンドンに行き多方面の学者と知りあい,72年オーストリアのウィーンで皇室の侍医となる。79年再びロンドンに帰り永住する。《植物に関する実験》(1779)で緑色植物ガス交換と光の関係を明らかにした。牛痘法の普及に尽力し,電気,磁気など物理学関係の業績もある。【矢部 一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インゲンホウス
いんげんほうす
Jan Ingenhousz
(1730―1799)

オランダの医者、植物生理学者、化学者。ブレダに生まれ、ライデン大学、パリ大学などで学んだ。1772年オーストリアの女王マリア・テレサの侍医となり、さらにウィーンの宮廷会議のメンバーとなった。1779年以後はロンドンに永住、王立協会の会員にも選ばれた。植物生理学の実験を行い、植物界と動物界のつり合いや、植物の浄化作用炭酸同化作用・呼吸作用などについて研究した。『植物実験』(1779)、『植物の呼吸作用』(1786)ほかの著書がある。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインゲンホウスの言及

【農学】より

…植物の光合成に関する研究である。イギリス人牧師J.プリーストリー(1733‐1804)は,1770年代に植物は〈空気を純化する〉(O2発生)とし,オランダ人でオーストリア宮廷医師J.インゲンホウス(1730‐99)は植物のO2発生は緑色の葉,茎だけが行うことを明らかにした。スイス人牧師スヌビエJ.Senebier(1724‐1809)はO2が発生するにはCO2の存在が必要であるとし,スイス人ソシュールN.T.de Saussure(1767‐1845)は植物の緑色部分に光を照射すると,CO2とH2Oから有機物が合成されることを証明した。…

※「インゲンホウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インゲンホウスの関連キーワードオランダ通詞オランダ屋敷イギリスオランダ戦争オランダ海芋オランダ芥子オランダ坂オランダ渡りダッチオランダの罠オランダの犯罪

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone