コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インダス川 インダスがわIndus River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インダス川
インダスがわ
Indus River

ヒマラヤ山脈中央部,標高約 5500mのカイラシュ山地北斜面に発し,インド北西部からパキスタンを通ってアラビア海に注ぐ川。全長 2900km,流域面積約 116万km2。水源は大部分が標高 4000m以上で大氷河が多く,サトレジ川,ラビ川チェナブ川ジェルム川などの諸河川が合流するが,下流部は乾燥地帯で支流も少ない。インダス川流域は,前3000~前1500年頃のインダス文明発祥地で,ラビ川流域には有名なハラッパー遺跡がある。灌漑用の運河が全流域に網の目のように張られており,カラバーダム,ラスールダムのような発電用ダムも多く,船舶の航行にも大いに利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インダス川
いんだすがわ
Indus

ガンジス川、ブラマプトラ川と並ぶインド亜大陸の三大河川の一つで、主としてパキスタン領を流れる。延長約2900キロメートル、アラビア海に注ぐ。総流域面積96万平方キロメートル。水源はチベット高原南西のカイラス山脈にあり、ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に挟まれた渓谷を約1100キロメートル北西に流れるが、ギルギット付近で急に南西に転向してヒマラヤ山脈を横断する。途中に満々と水をたたえるタベラ・ダム、アフガニスタンから流れるカブール川の合流点がある。カラバク付近でパンジャーブ平原に出ると川幅を増し、幅20キロメートル近くの所もある。灌漑(かんがい)水を引くための堰堤(えんてい)がいくつもあり道路橋を兼ねる。橋のない中州(なかす)の村の人々は、ヒツジの皮を膨らませた浮き袋を使って、増水した川を渡る。ミタンコットで、ジェラム、チェナブ、ラービ、ビアス、サトレジの五つの川をあわせたパンジナッドPanjnad川と合流して一段と水量を増す。
 インダス川下流はアーリア人によってシンドゥーSindhu(大洋の意)とよばれ、これが今日のパキスタンのシンド州、ヒンドゥー教、インドなどの語源となった。土砂の堆積(たいせき)が激しく、河床の上昇により河道がしばしば変遷するとともに、河口も紀元前3世紀ごろより約30キロメートルも前進した。
 インダス川は下流部のモヘンジョ・ダーロ、中流部のハラッパーの遺跡にみられるようにインダス文明の母体となり、その後もアーリア人の進入、アレクサンドロス大王の遠征、イスラム教徒による征服など、たびたび侵略や係争の舞台となった。1947年のインド・パキスタン分離によるカシミール帰属問題は、3回のインド・パキスタン戦争の引き金となり、いまも未解決のままである。
 分離の残したもう一つの係争は、インダス川の水利権をめぐる争いである。インダス川中・下流の平野は肥沃(ひよく)な沖積土からなるが、年降水量は250~750ミリメートルで、それも7~9月に集中する。インダス川の水もカラバクでの記録では、7月の毎秒1万1470トンに対して1月には763トンに減水する。そのため、19世紀中葉以降、河川水位の増減に関係なく取水できる近代的灌漑工事が施工され、パンジャーブ地方はインド亜大陸有数の農業地帯となった。印パ分離はこれら灌漑体系におかまいなく行われたので、両国間に水利紛争が起き、その解決は1960年のインダス水利条約まで持ち越された。パキスタンの水利権が同条約によりインダス川の年間総流出量2156億トンのうち1750億トンに減ったので、同国はタベラ・ダムの建設、連結水路の整備などインダス川の水の有効利用に努めている。[藤原健蔵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

インダス川の関連キーワードデーラー・イスマーイール・ハーンムハンマド・ブン・アルカーシムハイデラバード(パキスタン)デライスマイルカーンカローシュティー文字チャガタイ・ハーンカラコルム[山脈]ハイデラバードスライマン山脈オネシクリトスメールガル遺跡サトレジ[川]バークラダムヒスパー氷河セレウコス朝シンド[州]タンドアダムヒンドゥー教シカールプルシカルプール

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インダス川の関連情報