インディアンサマー

精選版 日本国語大辞典「インディアンサマー」の解説

インディアン‐サマー

〘名〙 (Indian summer) アメリカで、中秋もしくは晩秋にあらわれる異常に暖かい期間をいう。よく晴れてはいるが、夜間は冷えこむ。小春日和。また、落ちついた人生の晩年にたとえていう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「インディアンサマー」の解説

インディアンサマー

日本の小春日和(こはるびより)に対応する言葉。欧米から冬にかけて風が弱く暖かい日のことを呼ぶ。その他〈老婦人の夏〉などと呼ぶところもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「インディアンサマー」の解説

インディアン‐サマー(Indian summer)

北米で、晩秋から初冬にかけての穏やかで暖かい日和ひより。小春日和。また、落ち着いた人生の晩年にたとえていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android