コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド学 インドがくIndology

世界大百科事典 第2版の解説

インドがく【インド学 Indology】

インドの文化,宗教,歴史などの文物一般を研究の対象とする学問の総称。シナ(中国)学などとともに東洋学の一部門を形成している。この場合のインドは,現在のインド(バーラト)を含む〈インド亜大陸〉と呼ばれる地域を指す。ときにはミャンマー,チベット,スリランカ等におよぶインド文化圏を意味することもある。インドロジーあるいはインディック・スタディーズIndic Studiesは,主として古代・中世のインド研究に用いられ,第2次大戦後,アメリカを中心に盛んになった近・現代インド研究に対してはインディアン・スタディーズIndian Studiesという語が用いられる場合があるが,明確な線は引き難い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

インド学の関連キーワードケルン(Johan Hendrik Caspar Kern)アーサー・アンソニー マクドーネルヘルマン オルデンブルクJ.C. ファン・ルールエリック フラウワルナーM. ウィンテルニッツE. ワルトシュミットE.J.D. コンゼE. ウィンディシュヨハン ホイジンガ日本印度学仏教学会シチェルバツコイ印度学仏教学研究グラーゼナップウィンテルニツルイス ルヌーE. ラモットファン・ルールオルデンベルクコールブルック

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インド学の関連情報