コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インフルエンサー influencer

翻訳|influencer

3件 の用語解説(インフルエンサーの意味・用語解説を検索)

ブランド用語集の解説

インフルエンサー

インフルエンサーとは購買中心点にあって組織の購買意思決定に影響を与える人のことをいう。購買中心点の項参照。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

インフルエンサー(influencer)

《影響、感化、効果の意》他に影響力のある人やもののこと。特に、インターネット消費者発信型メディアCGM)において他の消費者に大きな影響を与える人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インフルエンサー
いんふるえんさー
influencer

人々に影響を及ぼす人物をいい、とくに人気のある芸能人スポーツ選手、識者などの有名人をはじめ、あるコミュニティや分野のなかで大きな影響力をもつ人。また、その発言が信頼される人。インターネット上のブログSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などのソーシャルメディア口コミサイトが普及し、ある人物の発言が多数の人へと伝播しやすくなったことで、口コミの起点になったり、情報を増幅する役割を果たしたりするなど、情報の中心的な存在となり、カリスマ的な人気を博す人が、ネット上に数多く登場するようになった。
 インフルエンサーということばは、ブログの利用者が急増した2007年ころから、流行語のように頻繁に使われはじめた。その後、このことばが使われる頻度は落ちたものの、特定の得意分野や専門分野のスペシャリストなどは、インターネット上で依然として大きな影響力をもち、彼らがSNSなどに投稿するたびに、たくさんのPV(ページビュー)やトラックバックを得ている。
 インフルエンサーは多くの場合、新製品の購買などの意思決定に大きな影響力をもっている。そこで、企業などでは従来のマスメディア広告と連動しながら、質の高い口コミをインターネット上に広げていくため、新製品情報などの発表にあわせ、インフルエンサーにアプローチすることが定着している。これをインフルエンサー・マーケティングという。また、フェイスブックFacebookやリンクトインLinkedIn、グーグルプラスGoogle+をはじめとするSNSでは、インフルエンサーの影響力の大きさが測定できるソーシャルスコアリングが可能になっている。このソーシャルスコアの記録を活用したインフルエンサー・マーケティングを、企業の販売戦略として活用する動きも広がっている。
 一方、インフルエンサー・マーケティングは、やらせブログやステルスマーケティングなどにつながるという懸念もある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インフルエンサーの関連キーワード影響影響力感化込合い効果アリー効果相乗剤影響力基準アリーの原理相乗効果(物理学)マランゴーニ効果

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インフルエンサーの関連情報