コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インフルエンサー influencer

翻訳|influencer

4件 の用語解説(インフルエンサーの意味・用語解説を検索)

ブランド用語集の解説

インフルエンサー

インフルエンサーとは購買中心点にあって組織の購買意思決定に影響を与える人のことをいう。購買中心点の項参照。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
ブランド用語集について | 情報

知恵蔵miniの解説

インフルエンサー

世間に大きな影響を与える人物、特に人々の消費行動に強い影響を与える人物のこと。2000年初頭にブログSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などインターネットにおける発信が盛んになって以降は、インターネットを用いて消費者の購買意思決定に大きな影響を与える人物のことを特定して指すようにもなっている。具体的には、好感度・発言力の高いタレントモデルなどの著名人の他、動画共有サービスYouTubeで圧倒的人気を得ている「カリスマYouTuber」などが挙げられる。それらの人物に企業が自社利益のためアプローチし良質な口コミを広げることをインフルエンサー・マーケティングといい、これらにより莫大な利益をあげているインフルエンサーもいる。一方で、ステルスマーケティング(ステマ)やヤラセ投稿などにつながる懸念もある。こうしたインフルエンサーによる問題発信が企業に悪影響を与える事例も出ている。

(2017-3-23)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インフルエンサー
いんふるえんさー
influencer

人々に影響を及ぼす人物をいい、とくに人気のある芸能人スポーツ選手、識者などの有名人をはじめ、あるコミュニティや分野のなかで大きな影響力をもつ人。また、その発言が信頼される人。インターネット上のブログやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などのソーシャルメディア口コミサイトが普及し、ある人物の発言が多数の人へと伝播しやすくなったことで、口コミの起点になったり、情報を増幅する役割を果たしたりするなど、情報の中心的な存在となり、カリスマ的な人気を博す人が、ネット上に数多く登場するようになった。
 インフルエンサーということばは、ブログの利用者が急増した2007年ころから、流行語のように頻繁に使われはじめた。その後、このことばが使われる頻度は落ちたものの、特定の得意分野や専門分野のスペシャリストなどは、インターネット上で依然として大きな影響力をもち、彼らがSNSなどに投稿するたびに、たくさんのPV(ページビュー)やトラックバックを得ている。
 インフルエンサーは多くの場合、新製品の購買などの意思決定に大きな影響力をもっている。そこで、企業などでは従来のマスメディア広告と連動しながら、質の高い口コミをインターネット上に広げていくため、新製品情報などの発表にあわせ、インフルエンサーにアプローチすることが定着している。これをインフルエンサー・マーケティングという。また、フェイスブックFacebookやリンクトインLinkedIn、グーグルプラスGoogle+をはじめとするSNSでは、インフルエンサーの影響力の大きさが測定できるソーシャルスコアリングが可能になっている。このソーシャルスコアの記録を活用したインフルエンサー・マーケティングを、企業の販売戦略として活用する動きも広がっている。
 一方、インフルエンサー・マーケティングは、やらせブログやステルスマーケティングなどにつながるという懸念もある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インフルエンサーの関連情報