コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーストエンド イーストエンドEast End

翻訳|East End

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーストエンド
East End

イギリス,ロンドンの地区。ロンドン市 (シティ) の東側,テムズ川左岸一帯に扇形をなして広がる地区をさし,タワーハムレッツ区にほぼ相当する。本来,シティのなかに定住を許されなかったユダヤ人が集住した地区であるが,産業革命以降工業地区として発展,そこに働く労働者が集って住むようになり,これに移住者や,ロンドンの貧民階層が加わってスラム化した。貧困と劣悪な生活環境は識者の指摘するところとなり,1890年労働者階級住宅法の施行とともに整理改善された。 1933年同法を改正強化,第2次世界大戦の空襲による焼失を契機に,大規模な再開発が促進され,新しい商業,住宅街として様相を一新した。トインビーホールホワイトチャペル画廊などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イースト‐エンド(East End)

ロンドン市東部の地区。もとスラム街があったが、再開発により住宅・商店街化が進む。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

イーストエンド【East End】

ロンドン市東部のテムズ川北岸にある工場・港湾地区。もと貧困者が多く住んでいたが、第二次大戦後、再開発が進められた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

イーストエンドの関連情報