コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィリアム2世 ウィリアムにせいWilliam II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィリアム2世
ウィリアムにせい
William II

[生]1056頃
[没]1100.8.2. ハンプシャー,リンドハースト近郊
イギリス,ノルマン朝第2代のイングランド王 (在位 1087~1100) 。「赤王」 Rufusとあだ名される。ウィリアム1世の次男。兄のノルマンディー公ロベール2世と争い,フランスに出兵,スコットランドウェールズにも遠征した。カンタベリー大司教アンセルムスを圧迫。過酷な統治のため貴族の反抗を招いた。ニューフォレストで狩猟中,不明の者の矢に当って死んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウィリアム2世の関連キーワードアンセルムス(カンタベリーのアンセルムス)自由憲章(イギリス史)ウェストミンスターアンドロニクス1世ウイリアム(2世)ヘンリー(1世)ウィンチェスターヘンリー[1世]ウォラック一家ランフランクハンプシャーカーライル城ビーチャム家ヘンリー1世モンレアーレウィリアムイギリス史エジンバラカーライル自由憲章

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android