ウィリアム2世(読み)ウィリアムにせい(英語表記)William II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィリアム2世
ウィリアムにせい
William II

[生]1056頃
[没]1100.8.2. ハンプシャー,リンドハースト近郊
イギリス,ノルマン朝第2代のイングランド王 (在位 1087~1100) 。「赤王」 Rufusとあだ名される。ウィリアム1世の次男。兄のノルマンディー公ロベール2世と争い,フランスに出兵,スコットランドウェールズにも遠征した。カンタベリー大司教アンセルムスを圧迫。過酷な統治のため貴族の反抗を招いた。ニューフォレストで狩猟中,不明の者の矢に当って死んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android