ウェスト・ミッドランズ(読み)うぇすとみっどらんず(英語表記)West Midlands

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェスト・ミッドランズ
うぇすとみっどらんず
West Midlands

イギリス、イングランド中部のメトロポリタン・カウンティ(大都市県)。面積899平方キロメートル、人口255万5596(2001)。バーミンガムコベントリー、ダドリーなどの重要な工業都市がそのなかに含まれ、ブラック・カントリーの中枢を占めている。居住の歴史はローマ時代に始まり、16世紀以降は金属細工、18世紀以降は製鉄業がおこったが、豊富な石炭と鉄鉱石の埋蔵に恵まれ、19世紀にはイギリス第一の工業地帯となった。1986年、保守党政権により自治体機能は廃止されたが行政区名称としては存続している。[井内 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android