コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェラー ウェラー Weller, Thomas H.

4件 の用語解説(ウェラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェラー
ウェラー
Weller, Thomas H.

[生]1915.6.15. ミシガンアナーバー
[没]2008.8.23. マサチューセッツニーダム
アメリカ合衆国の医師,ウイルス学者。フルネーム Thomas Huckle Weller。1937年ミシガン大学で理学修士号,1940年ハーバード大学医学博士号を取得。1949年ボストンの小児病院のエンダーズ伝染病研究室副室長となり,ここでジョン・F.エンダーズフレデリックロビンズと共同してポリオウイルス組織培養に成功(→急性灰白髄炎)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウェラー(Thomas Huckle Weller)

[1915~2008]米国の医学者。ポリオ急性灰白髄炎)の病原ウイルスの培養に成功し、1954年、エンダーズとロビンズとともにノーベル生理学医学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウェラー

米国の医学者。ハーバード大学公衆衛生学部熱帯公衆衛生学教授。エンダーズの指導のもとに,ポリオウイルスの組織培養法を完成。ワクチン製造を可能にした。J.F.エンダーズ,F.C.ロビンズとともに1954年ノーベル生理医学賞。
→関連項目風疹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェラー
うぇらー
Thomas Huckle Weller
(1915―2008)

アメリカの医学者。ミシガン州アナーバーに生まれる。父はミシガン大学で病理学教授を務めたカールウェラーCarl Vernon Weller(1887―1969)で、彼もまたミシガン大学に進み、1936年卒業と同時にハーバード大学医学部に転じ、1940年医学博士号を取得した。この時期にジョン・フランクリン・エンダーズの指導を受けてウイルスの研究に手を染めた。その後、ボストンの小児医院で臨床訓練を受けていたが、第二次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)し、陸軍医療部隊に勤務した。戦後はボストン小児中央病院に勤務、1949年ハーバード大学医学部の準教授となり、1954年に熱帯公衆衛生学教授となった。
 ウェラーは寄生虫とウイルスの研究で知られており、寄生虫の分野ではマラリア、住血吸虫を扱った。また、ウイルスの分野では、エンダーズ、F・C・ロビンズと共同でポリオウイルスの組織培養に成功して、ウイルス研究に大きく貢献、のちにウイルスワクチン製造のきっかけをつくった。この業績により、1954年のノーベル医学生理学賞をエンダーズ、ロビンズと共同で受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェラーの関連キーワード此岸ミシガン湖ミシガン大学ミシガン戦士志願ミシガン研究ミシガン[湖]ミシガン[州]只丸イリノイ・ミシガン運河

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウェラーの関連情報