ウェーザー川(読み)うぇーざーがわ(英語表記)Weser

日本大百科全書(ニッポニカ)「ウェーザー川」の解説

ウェーザー川
うぇーざーがわ
Weser

ドイツ北部を北へ流れ、北海に注ぐ川。チューリンガー・ワルト山地に源を発するウェラ川(292キロメートル)と、レーン山地に発するフルダ川(218キロメートル)とが、ハノーバーシュ・ミュンデンで合流し、それより下流をウェーザー川という。ウェーザー川の部分の流長は440キロメートルで、その全長にわたって舟運が可能であり、支流アラー川、レズム川、フンテ川、ゲーステ川も舟運に利用される。ミンデンの付近でミッテルラント運河と立体交差し、閘門(こうもん)のある水路によって両者の水運は結ばれている。下流部沿岸にはブレーメンがあり、そこから下流は大洋航行船が上下し、河口部にはブレーメンの外港ブレマーハーフェン港がある。

[浮田典良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android