コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルフ=ライエ星 ウォルフ=ライエせい Wolf-Rayèt star

3件 の用語解説(ウォルフ=ライエ星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルフ=ライエ星
ウォルフ=ライエせい
Wolf-Rayèt star

青白色のスペクトルを示すO型恒星の一種で,電離したヘリウム,炭素,窒素などによる多くの輝線がスペクトル中に見られるもの。発見者にちなんで命名。その輝線はすべて非常に幅が広く,これは星の外を取巻く高温ガスの急激な膨張と自転のためだと考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウォルフ=ライエ星【ウォルフライエせい】

1867年にパリ天文台のC.ウォルフとG.ライエによって発見された輝線星の一種。スペクトルにヘリウム,酸素,窒素,炭素などの電離イオンが放射する幅の広い強い輝線が見られるのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウォルフライエせい【ウォルフ=ライエ星 Wolf‐Rayet star】

1867年にパリ天文台のウォルフC.WolfとライエG.Rayetによって発見された輝線星の一種。スペクトルはHe,O,N,Cなどの電離イオンが放射する幅広く強い輝線が特徴である。イオンの電離段階から星の表面温度は4万~6万Kと推定される。また,輝線の幅を大気運動によるドップラー効果によるものと考えると,ウォルフ=ライエ星の大気は2000~4000km/sの高速度で流出状態にある。この星には化学組成の異常も知られており,Cに富む炭素系列とNに富む窒素系列に分かれ,星の進化との関係が注目されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウォルフ=ライエ星の言及

【輝線星】より

…輝線星は星の中では早期型(高温度)星と晩期型(低温度)星とに現れる傾向がある。前者にはウォルフ=ライエ星,はくちょう座P型星,輝線B型星,超巨星などがあり,なかでもはくちょう座P型星は流出型星周圏をもつ輝線星の典型となっている。晩期型では輝線M型星,長周期変光星,おうし座T型星などが知られている。…

【恒星】より

…O,B型の高温度星が広がった大気をもつと輝線スペクトルが現れる。これには,ウォルフ=ライエ星,Be型星,はくちょう座P型星などの星があり,大気の構造や大きな膨張運動によりそれぞれ特徴的な輝線が現れる。惑星状星雲はO型星あるいはウォルフ=ライエ星に似た中心星をもっているが,そのまわりを0.1パーセクにも及ぶ膨大で希薄なガス層が包んでいる。…

※「ウォルフ=ライエ星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウォルフ=ライエ星の関連キーワードウィルソン山天文台グリニッジ天文台天文台東京天文台ウォルフ体ウォルフラムパロマー山天文台ザンクトウォルフガングウォルフの太陽黒点数アークスペクトル吸収スペクトルスペクトル型発光スペクトル連続スペクトル火花スペクトル炎光スペクトル蛍光スペクトル星のスペクトル型モーガン‐キーナンの分類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone