ウキクサ(浮草)(読み)ウキクサ(英語表記)Spirodela polyrhiza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウキクサ(浮草)
ウキクサ
Spirodela polyrhiza

ウキクサ科の小型の多年草。世界のほぼ全域に広く分布し,日本でもいたるところの水田池沼にみられる。茎と葉の区別がなく,だるま形の葉状体は長さ 1cmぐらい,光沢のある緑色で7~9本の葉脈があり,裏面から 10本あまりの細い根を生じる。花はまれに生じ,夏,葉状体の縁に 1mmほどの無花被の花をつける。おしべ1~2本,めしべ1本があるだけである。秋に,径2~3mmの越冬芽をつくり,冬は水底に沈んで越冬する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android