コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチョウラン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウチョウラン
うちょうらん / 羽蝶蘭
[学]Orchis graminifolia Tang et Wang

ラン科の多年草。球状に肥厚した塊根より茎を伸ばす。花茎は高さ10~20センチメートル。葉は2~4枚互生し、線形、長さ5~10センチメートル。6~7月、頂生の花序に大きさ1.5センチメートルほどの紅紫色の花を1個ないし十数個つける。唇弁が大きく長さ1センチメートル、深く3裂する。太く長い1~1.5センチメートルの距(きょ)がある。東北地方南部以西の本州、四国、九州の低山の湿った岩場に生え、朝鮮に分布する。地方変異が大きく、変種としてアワチドリ(千葉県)、クロカミラン(佐賀県)がある。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウチョウランの関連キーワードウチョウラン(羽蝶蘭)ハクサンチドリラン(蘭)オルキス有馬蘭大岩蘭岩石蘭胡蝶蘭井上石蘭岩蘭

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウチョウランの関連情報