コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマヅラコウモリ ウマヅラコウモリ Hypsignathus monstrosus; hammer-headed bat

2件 の用語解説(ウマヅラコウモリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウマヅラコウモリ
ウマヅラコウモリ
Hypsignathus monstrosus; hammer-headed bat

翼手目オオコウモリ科。体長 25~30cm,前腕長 12~14cm。アフリカコウモリのなかでは大型種の一つ。鼻先は他のコウモリのようにとがらず,太くハンマー形で,横顔はウマの顔に似る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウマヅラコウモリ
うまづらこうもり / 馬面蝙蝠
epauletted fruit bat

哺乳(ほにゅう)綱翼手目オオコウモリ科ウマヅラコウモリ属に含まれる動物の総称。同属Epomophorusの仲間は名前どおり顔が異常に長く、口が大きく、アフリカ特産で、9種がある。その一つ、ワルベルグウマヅラコウモリE. wahlbergiはソマリア、ケニアからアフリカ南部まで分布し、翼開長50センチメートル、前腕長8~9センチメートル、頭胴長13~16センチメートル、尾は痕跡(こんせき)的で5ミリメートル内外。吻(ふん)と口が大きく、上唇が垂れ下がり、果実を食べるのに適応する。体上面は黄褐色ないし暗褐色。耳の前に白斑(はくはん)があるほか、雄では肩の部分にも白い長毛がある。樹洞や葉の茂みに小群ですみ、マンゴー、イチジク、バナナなどの果実を好み、熟した果実を求めて小移動する。1産1子。[吉行瑞子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウマヅラコウモリの関連キーワードエラブオオコウモリ翼手類大蝙蝠小笠原大蝙蝠クチバテングコウモリアラコウモリオオコウモリ(大蝙蝠)コウモリ(蝙蝠)シタナガオオコウモリ(舌長大蝙蝠)ツメナシコウモリ(爪無蝙蝠)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone