ウマノミツバ(英語表記)Sanicula chinensis Bunge

世界大百科事典 第2版の解説

ウマノミツバ【Sanicula chinensis Bunge】

山の木陰に生えるセリ科多年草(イラスト)。ミツバに似て大きく,香りがないところからウマノミツバまたはオニミツバという。は高さ40~90cmになり,上部で分枝する。全体にほとんど毛がない。葉は基部のものは3~5裂して長い柄があり,茎の上部のものは3裂して葉柄が短い。7~9月ごろ,枝先に小型の散形花序を作って小さい白い花をつける。花は雄花両性花があり,雄花は短い柄があって花序のまわりに,両性花は柄がなく,中心にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウマノミツバ
うまのみつば / 馬三葉
[学]Sanicula chinensis Bge.

セリ科の多年草。茎は高さ0.3~1.2メートル。葉は3全裂し、ミツバに似るが、小葉はしわがあってさらに切れ込む。花は7~9月、分枝した茎の先の小形の散形花序に少数つき、白色。花序には両性花と雄花がある。果実は卵形で、先端が鉤(かぎ)状に曲がった刺(とげ)がある。日本全国の山野の林内に普通に生える。日本以外では朝鮮、中国、東シベリアなどに分布する。ウマノミツバ属はオーストラリアを除く世界に約40種あり、日本には本種のほかに4種が分布するが、いずれもまれなものである。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android