コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマノミツバ Sanicula chinensis Bunge

世界大百科事典 第2版の解説

ウマノミツバ【Sanicula chinensis Bunge】

山の木陰に生えるセリ科の多年草(イラスト)。ミツバに似て大きく,香りがないところからウマノミツバまたはオニミツバという。茎は高さ40~90cmになり,上部で分枝する。全体にほとんど毛がない。葉は基部のものは3~5裂して長い柄があり,茎の上部のものは3裂して葉柄が短い。7~9月ごろ,枝先に小型の散形花序を作って小さい白い花をつける。花は雄花両性花があり,雄花は短い柄があって花序のまわりに,両性花は柄がなく,中心にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウマノミツバ
うまのみつば / 馬三葉
[学]Sanicula chinensis Bge.

セリ科の多年草。茎は高さ0.3~1.2メートル。葉は3全裂し、ミツバに似るが、小葉はしわがあってさらに切れ込む。花は7~9月、分枝した茎の先の小形の散形花序に少数つき、白色。花序には両性花と雄花がある。果実は卵形で、先端が鉤(かぎ)状に曲がった刺(とげ)がある。日本全国の山野の林内に普通に生える。日本以外では朝鮮、中国、東シベリアなどに分布する。ウマノミツバ属はオーストラリアを除く世界に約40種あり、日本には本種のほかに4種が分布するが、いずれもまれなものである。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウマノミツバの関連キーワード鬼三葉山三葉山蝨

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android