コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウュルテンベルク ウュルテンベルク Württemberg

翻訳|Württemberg

2件 の用語解説(ウュルテンベルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウュルテンベルク
ウュルテンベルク
Württemberg

ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州の東半を占める地域。第2次世界大戦前まではシュツットガルトを州都とする面積約2万 km2,人口約 300万の州であったが,大戦後は占領軍行政により,北半は旧バーデン州北部と併合してウュルテンベルクバーデン州 (アメリカ占領地区) ,南半は旧ホーエンツォレルン家領を併合してウュルテンベルクホーエンツォレルン州 (フランス占領地区) となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウュルテンベルク
うゅるてんべるく
Wrttemberg

ドイツ南西部の旧ラント(州)。現在はドイツ南部、バーデン・ウュルテンベルク州の東の部分。ビュルテンベルクとも書く。面積約2万平方キロメートル。西はシュワルツワルト(黒い森)山地に接し、中央部をシュウェービッシェ・アルプ山地が走り、山地が多い。起伏のある台地は牧場、果樹園、小麦畑に利用され、良質のぶどう酒を産する。小規模な農業と絡み合って繊維、金属、機械工業が発達し、ダイムラー・クライスラー(自動車)、WMF(食器類)などの一流企業がある。おもな都市は、旧州都でいまもバーデン・ウュルテンベルク州の州都であるシュトゥットガルトのほか、ハイルブロンウルムロイトリンゲン、大学町チュービンゲンなど。メランヒトンケプラーヘーゲルシラー、ヘルダーリン、リストヘッセなどの人材を輩出した。[諸田 實]

歴史

3世紀にアラマン人が侵入、5世紀末にフランクの支配下に入り、9世紀から13世紀までシュワーベン公領に含まれた。ウュルテンベルク家は11世紀末に確認され、13世紀なかば以来伯領として続く。髭(ひげ)のエーベルハルト伯Eberhard im Bart(1457/59―96)はチュービンゲン大学を創設(1477)、領内の貴族層と領土不分割を協定(1482)、最初の領邦令を発布し(1495)、公領に昇格した。1519年ウルリヒ公が追放されてハプスブルク家領となったが、1534年オーストリアの封主権を認めて復帰し、宗教改革を実施した。三十年戦争とルイ14世戦争で戦禍を受ける。ウュルテンベルク公フリードリヒ2世Friedrich (在位1797~1816)はフランス革命とナポレオン戦争の間に巧みに領土を拡大した。1805年王国となり、王女カタリーナはジェローム・ボナパルトと結婚した。次のウィルヘルム1世Wilhelm (在位1816~64)は憲法を制定し、中央・地方の行政を改革し、関税同盟を結んだ。バイエルンとともにプロイセン、オーストリアに対して第三のドイツを目ざしたが、1871年ドイツ帝国の一国となった。1919年新憲法を制定して議会制共和国となる。
 第二次世界大戦の連合軍による占領後、1945年ウュルテンベルク・ホーエンツォレルンとウュルテンベルク・バーデンに分割されたが、52年からバーデン・ウュルテンベルク州となった。[諸田 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウュルテンベルクの関連キーワードビュルテンベルクエーベルバッハカールスルーエ城カールテオドール橋バーデンウュルテンベルクバーデンビュルテンベルクマールバハハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団ルートヴィヒスブルク陶磁器工場バーデン・ビュルテンベルク

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone