コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジカフカス うらじかふかすВладикавказVladikavkaz

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラジカフカス
うらじかふかす
Владикавказ Vladikavkaz

ロシア連邦南西部に位置し、同連邦に属する北オセチア共和国の首都。人口31万0600(1999)。1931~1944年にはオルジョニキーゼОрджоникидзе/Ordzhonikidze、1944~1954年にはザウジカウДзауджикау/Dzaudzhikauとよばれ、1954~1991年はふたたびオルジョニキーゼに戻ったが、ソ連崩壊(1991年12月)後は1931年以前の名称であるウラジカフカスの名が復活した。大カフカス山脈北麓(ほくろく)にあり、テレク川の谷に位置する。ジョージア(グルジア)軍用道路を守備するため、オセット(オセチア)人が居住するザウジカウ近傍に建設したロシア軍の要塞(ようさい)村落が起源である。1860年市制を敷き、1863年から郡役所所在地となり、交易と駐在軍でにぎわった。電気機器、自動車電装品、鉄道車両修理、亜鉛の電気精錬、化学繊維、靴、家具などの工場がある。北オセチア民族文化の中心地で、北オセアニア国立大学、農業大学、工業大学のほか、単科大学として医科大学、応用心理学大学、社会学大学があり、オセット語とロシア語のそれぞれの劇場、交響楽団、美術館が置かれている。スンニー派のイスラム教寺院も保存されている。市街はロシアの植民都市の形態である方形地割を残し、緑樹が美しい。当市から鉄道支線23キロメートルで、バクー―ロストフ・ナ・ドヌー間の幹線に接続し、道路も同区間の幹線が通じている。[上野俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウラジカフカス

ウラディカフカス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウラジカフカス【Vladikavkaz】

ロシア連邦南西部,北カフカス地方にある北オセティア共和国の首都で,テレク川にのぞむ。人口32万5000(1992)。1931年までウラジカフカス,1931年革命家G.K.オルジョニキーゼにちなんでオルジョニキーゼOrdzhonikidzeと改称,44‐54年にはジャウジカウDzaudzhikauと称されたが,54年オルジョニキーゼに復し,90年現名となる。1784年カフカス山脈を越えグルジアのティフリス(現トビリシ)に至るグルジア軍道(1799開通)の起点の要塞として建設,その名ウラジ(〈支配〉の意)カフカスが象徴的に示すように,ロシアがカフカス諸民族を軍事的に支配するための拠点であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラジカフカス
Vladikavkaz

1931~44年オルジョニキーゼ Ordzhonikidze,44~54年はザウジカウ Dzaudzhikau,54~90年は再びオルジョニキーゼ。ロシア南西部,北カフカス,北オセチヤ共和国の首都。大カフカス山脈中部北麓にあり,テレク川にのぞむ。 1784年建設され,カフカス越えのジョージア(グルジア),オセチヤ両軍用道路を守る拠点要塞であった。 1860年市となり,75年にはロストフナドヌーとバクーを結ぶ幹線鉄道の支線が通じた。鉛・亜鉛冶金,金属加工,電気機器,自動車部品,木材加工,食品などの工業がある。北オセチヤの教育・文化中心地で,北オセチヤ大学 (1969) をはじめ医学,農業,鉱業の各大学,博物館,劇場などがある。人口 31万1635(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウラジカフカスの関連キーワードキーロフ(Sergey Mironovich Kirov)北オセティア[共和国]ヴァレリー ゲルギエフダビド ムスルベスE. ワフタンゴフトゥガン ソヒエフアラン フガエフワフタンゴフ阿覧 欧虎ベスラーン露鵬幸生モズドク

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android