ウラン鉱物(読み)ウランこうぶつ(英語表記)uranium mineral

世界大百科事典 第2版の解説

ウランこうぶつ【ウラン鉱物 uranium mineral】

ウランを含む鉱物をいう。ウランは還元環境下で+4,酸化環境下で+6の原子価をとる。後者はふつうウラニル(UO2)2+錯イオンとなって容易に水に溶け,運ばれる。このためウランを含む鉱物種は多く,主成分とするものだけでも約140種ある。主要鉱石鉱物は,U4+を含む種にはセンウラン鉱UO2(ピッチブレンドはこの変種),コフィン石coffinite U(SiO4)1-x(OH)4x,ブランネル石brannerite(U,Ca,Th,Y)(Ti,Fe)2O6などがあり,おおむね黒~暗褐色比重が大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android