コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルジー ウルジー Wolsey, Thomas

3件 の用語解説(ウルジーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルジー
ウルジー
Wolsey, Thomas

[生]1473頃.イプスウィッチ
[没]1530.11.29. レスター
イギリスの聖職者,政治家。肉屋の子に生れたといわれる。聖職につき,1507年以来ヘンリー7世,続いてヘンリー8世の宮廷に入って認められ,11年枢密顧問官,14年ヨーク大司教となり,15年には枢機卿,大法官に任じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウルジー【Thomas Wolsey】

1475?‐1530
イギリスの聖職者,政治家。ヨーク大司教(1514),枢機卿(1515),大法官(1515),教皇特派大使(1519)と要職を歴任する。外交面ではフランス神聖ローマ帝国のいずれかと結ぶ勢力均衡政策によったが結局は失敗した。内政面では課税強行あるいは議会無視の政治へと走り,宗教上では自ら教皇職を望みつつ成功せず,ヘンリー8世の離婚問題の処理をめぐって1529年に失脚した。富と権力に兼ね仕えた政治家聖職者の好例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルジー
うるじー
Thomas Wolsey
(1471―1530)

イギリスの聖職者、政治家。肉屋の息子に生まれたが、聖職者として累進し、ヨーク大司教(1514)、さらに枢機卿(すうききょう)(1515)となった。また、政治家としてもヘンリー8世の信頼と寵(ちょう)を得て、ついには大法官の地位につき(1515)、内政、外交の両面で宰相的役割を演じた。だが、その独裁ぶりが世人の憎しみを招き、やがては王もまた疑惑を抱くに至る。とくに王の離婚問題が起こると、王の希望を満たしえず、宮廷より左遷される。のちには反逆罪で起訴され汚名を負ったまま病死した。[植村雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルジーの関連キーワードアディソン大司教ヨークシャー・テリアイギリス巻ヨークミンスターイギリスの名車Miniバースデーの日アウグスティヌス[カンタベリーの]セーセル《フランス教会の聖職者宣言》イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルジーの関連情報