コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアレーション aeration

翻訳|aeration

百科事典マイペディアの解説

エアレーション

曝気(ばっき)。消毒のため,水を噴出させたり,泡立たせたりして空気に曝(さら)すこと。上下水道の水処理の予備操作の一種で,浄水場下水処理場河川などで行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エアレーション
えあれーしょん
aeration

水が空気にさらされることで、曝気(ばっき)または気曝(きばく)ともいう。自然界では、急流部の川の水面が空気と十分に接触し、大気の成分と水中の溶存ガスの濃度が平衡状態になる現象をさす。人工的には、(1)地下水から炭酸ガスを追い出したり鉄イオンを酸化析出させる、(2)微生物を応用した有機廃水の処理(下水処理など)において酸素を水中に溶け込ます、(3)汚濁した河川を浄化し清浄さを保つ、などを目的として、水面の機械的攪拌(かくはん)、噴水、水底からの空気気泡噴出などの方法で行われる。[小林三樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エアレーションの関連キーワード活性汚泥槽かくはん圧縮空気洋菓子曝気槽

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エアレーションの関連情報