エアレーション(読み)えあれーしょん(英語表記)aeration

翻訳|aeration

日本大百科全書(ニッポニカ)「エアレーション」の解説

エアレーション
えあれーしょん
aeration

水が空気にさらされることで、曝気(ばっき)または気曝(きばく)ともいう。自然界では、急流部の川の水面が空気と十分に接触し、大気の成分と水中の溶存ガスの濃度が平衡状態になる現象をさす。人工的には、(1)地下水から炭酸ガスを追い出したり鉄イオンを酸化析出させる、(2)微生物を応用した有機廃水の処理(下水処理など)において酸素を水中に溶け込ます、(3)汚濁した河川を浄化し清浄さを保つ、などを目的として、水面の機械的攪拌(かくはん)、噴水、水底からの空気気泡噴出などの方法で行われる。

[小林三樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「エアレーション」の解説

エアレーション
エアレーション
aeration

通気ともいう.液体中に空気を強制的に吹き込み,溶存酸素の増加による物質の酸化,揮発性物質除去,かくはんなどを目的に行う操作.下水処理排水処理などで水中に圧縮空気を吹き込み,活性スラッジ中の好気性微生物の活動を活発化させ,汚れの主成分である有機物の分解を促進させるとともに,物理的かくはんを行うことを目的に行われる.同時にメタンアンモニア硫化水素など,悪臭揮発性物質の除去や還元性金属の除去も行われる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「エアレーション」の解説

エアレーション

曝気(ばっき)。消毒のため,水を噴出させたり,泡立たせたりして空気に曝(さら)すこと。上下水道の水処理の予備操作の一種で,浄水場,下水処理場,河川などで行われる。また,滅菌工程の後,減菌に用いたガスを除去するための通気処置をこう呼ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「エアレーション」の解説

エアレーション(aeration)

空気にさらすこと。空気を通すこと。特に、を飼う水槽などで、水中に空気を溶かしこむこと。下水処理の場合は曝気ばっきともいう。気曝きばく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android