コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイナウディ Einaudi, Luigi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エイナウディ
Einaudi, Luigi

[生]1874.3.24. ピエモント,カル
[没]1961.10.30. ローマ
イタリアの経済学者,政治家。 1902年以降トリノ,ミラノ大学で財政学を講義。 19年上院議員。 22年 B.ムッソリーニ政権の誕生とともに著作活動に専念,43~45年スイスに亡命。 45年帰国,イタリア銀行総裁を経て 47~48年 A.デガスペリ内閣の副首相兼予算相。このときマーシャル・プラン受入れ,第2次世界大戦後のインフレ収拾にあたり,イタリア経済の再建に貢献した。 48~55年共和制初代大統領に就任。 55年以降終身上院議員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エイナウディ【Luigi Einaudi】

1874‐1961
イタリアの経済学者,政治家。ピエモンテ州のクネオ県カルーに生まれる。1902年以降トリノ大学等で財政学教授を務める。1900‐25年ミラノの有力日刊紙《コリエーレ・デラ・セーラ》の経済担当編集者等として活躍。1908‐35年には雑誌《リフォルマ・ソチアーレ》の編集長を務める。その間財政・金融,経済史などに関する著作を多数発表し,自由主義経済学者として国際的名声を獲得。1919年上院議員となるが,ファシズム末期の43年スイスに亡命した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エイナウディ
えいなうでぃ
Luigi Einaudi
(1874―1961)

イタリアの政治家、経済学者。1902年以来トリノ大学財政学教授、リンチェイ・アカデミー会員、『スタンパ』『コルリエーレ・デッラ・セーラ』両紙および『ウニタ』誌の寄稿家であるとともに、『リフォルマ・ソチャーレ』誌(1908~1935)と『リビスタ・ディ・ストリア・エコノミカ』誌(1935~1943)の主筆であり、1919年以来、短期間を除いて生涯上院議員でもあった。古典的自由主義理論の擁護者として、税の均等化と議会生活の道徳化のために戦った。徹底した自由貿易論者でもあり、ジョリッティのような改良主義に対しても、ファシズムに対しても明確に反対の態度を堅持した。1943年9月の休戦後スイスに亡命し、終戦後、帰国。イタリア銀行総裁(1945~1948)、第四次デ・ガスペリ内閣に副首相兼予算相として入閣、平価切下げを断行して中道政治の経済的基礎を築いた。ついで共和国初代大統領を務めた(1948~1955)。[重岡保郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエイナウディの言及

【イタリア】より

…そうした問題に対して,本格的な対策が採られるようになったのは,1947年のことである。というのは,第4次デ・ガスペリ内閣のもとで,ルイージ・エイナウディが,インフレの阻止と通貨の安定をめざして引締め政策を実施したからである。そして,翌48年にはマーシャル・プランによる援助が受け入れられ,戦後再建が大きく前進したことは周知の通りである。…

※「エイナウディ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エイナウディの関連キーワードコリエーレ・デラ・セーライターロ カルビーノポリテークニコビットリーニオルランドゴベッティ3月24日百科事典ノベンタカヴールパベーゼメナボ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エイナウディの関連情報